■楽しい科学教室・古生物編 at 東京スポーツ文化館

2018年7月16日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2018年7月1日
東京スポーツ文化館で開催の楽しい科学教室・古生物編の
講師を担当しました。


th_IMG_0190
前半はサイエンスライター・土屋健さんの古生物トーク。
古生物の長い歴史が見事にギュッと圧縮された1時間30分。


後半は私が担当のハルキゲニアストラップ製作&アノマロカリスフィギュア塗装
th_IMG_2927th_IMG_2930
th_IMG_0204
th_IMG_2934
th_IMG_2941
th_IMG_0205
th_IMG_2953
th_IMG_2954
普段のワークショップと少し違うのは、対象年齢が少し高めという事もあり、
アノマロカリスの色の根拠などを小グループ内で発表する、という形式だった事。
最初に生息環境や生態を少しでも想像して色を塗ってほしい、とは伝えていましたが、
予想以上に皆さんしっかり考えて色を決めていたのに驚きました。
土屋さんの講演を聴いた後だった、というのもいろいろ推測する良い
参考になっていたようです。


東京スポーツ文化館でのワークショップは去年から2回目ですが、
普段の私のワークショップとはまた違ったアプローチもあるので、
私にとっても非常に勉強になる機会になりました。
またお手伝い大学生さん達が各グループに一人付かれるのですが、
作業準備のフォローだけでなく、上手に場を盛り上げて下さるので
とても助けられました。


_____________________________________________________

■日本古生物学会 at 東北大学

2018年7月15日 / 学会, 日本古生物学会

2018年6月22〜24日
仙台・東北大学で開催の日本古生物学会に参加しました。DSC00978th_
仙台に到着後、まずは仙台市科学館を見学。


th_DSC01153
th_DSC01155


th_DSC01304
今回も少しだけ出展。
前回の古生物学会、また「カメの進化に関する国際シンポジウム」でのポスター発表の
データを紹介しました。


th_DSC01231
会場すぐ側の自然史標本館も見学。


th_DSC01305_2
学会終了後は、友人達と海鮮丼を食べに。

仙台・東北大学は10年ぶりでしたが、仙台駅から大学まで地下鉄が通っていたのにビックリ。
とても便利になっていました。今回は牛タンもずんだシェイクも堪能しました。
帰りの空港でも学会帰り方々とバッタリ。飛行機の時間までいろいろお話しできて
最後まで学会を堪能出来ました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。


_______________________________________________



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■恐竜ワークショップ at 千葉県立中央博物館

2018年7月11日 / お知らせ

2018年8月13日(月)
千葉県立中央博物館にて恐竜ワークショップ
「恐竜骨格復元教室」を開催します。
スクリーンショット 2018-07-11 14.30.38

詳細・申し込みはこちら




___________________________________________

■瑞浪市化石博物館・恐竜ワークショップのお知らせ

2018年6月30日 / お知らせ

2018年8月5日(日)、岐阜県瑞浪市・瑞浪市化石博物館で
恐竜ワークショップ開催です。
午前は入門編、午後は応用編になります。
スクリーンショット 2018-07-11 14.49.21
作例画像は午後の応用編のものです。



スクリーンショット 2018-07-11 14.48.34


それぞれ申し込みは7月8日からです。
詳細、申し込み等はこちら

追記:
入門編は定員に達しましたが、応用編はまだ空きがあるそうです。
応用編については引き続き参加受付をしていますので、宜しくお願いします。





___________________________

■恐竜ワークショップ at 丹波竜化石工房.2018年6月

2018年6月12日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2018年6月10日、丹波竜化石工房で開催の恐竜ワークショップの
講師を担当しました。

午前はティラノサウルス頭部復元。
恐竜ホネケシ・ティラノサウルスにカラー粘土で肉付けをします。

s-DSCN2186
th_IMG_0147_2


th_IMG_0149_2
th_IMG_0152_2
大人顔負けの細かいディテールを入れる子供さんも。



午後は恐竜フィギュア塗装。
th_IMG_0160
th_IMG_0165
th_IMG_0163
奇抜な色のようで、ちゃんとそれなりに纏められた作品は、
自分にはないセンスだけに毎回こちらが勉強になります。



丹波竜化石工房では次回は8月のワークショップ開催を予定しています。



___________________________________________________

■岐阜県博物館・ワークショップ「恐竜を造ろう」のお知らせ

2018年6月11日 / お知らせ

岐阜県博物館・2018年8月4日(土)
けんぱく教室「恐竜を造ろう」の講師を担当します。

th_IMG_0509
画像は去年の様子から。


詳細・申し込みはこちら



____________________________________

■ドイツ・恐竜古生物博物館見学旅行記 in パーパスジャパンHP

2018年6月2日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外

th_スクリーンショット 2018-05-31 20.14.17
「ドイツ・シュトゥットガルトとフランクフルト8日間 恐竜・古生物博物館見学旅行」
昨年秋のドイツ旅行の際にお世話になった旅行会社・パーパスジャパンのサイトに、
その旅行のレポートを書きました。
各博物館の詳細は「世界の恐竜博物館見聞記」に纏めています。


__________________________

■第6回「カメの進化に関する国際シンポジウム」

2018年6月1日 / 学会

早稲田大学で開催の第6回「カメの進化に関する国際シンポジウム」に参加しました。
2012年の第4回大会(ドイツ・チュービンゲン開催)以来の2回目の参加です。


th_IMG_0088
ウエルカム タートルピープル!


th_IMG_0063
ホストの平山廉さんによる挨拶から始まりました。


th_2018-05-27 14.06.06 2のコピー
アノマロケリス復元模型についてのポスター発表をしました。
画像は今回のポスターの共同発表者でアノマロケリスの記載者の平山廉さん(早稲田大学)、
このシンポジウムでアノマロケリスの近縁種の新標本について発表された
薗田哲平さん(福井県立恐竜博物館)との記念撮影。


s-img_0096
「解剖男」などの著作で著名な遠藤秀紀さん(東京大学総合研究博物館)と。




th_s-IMG_0079
th_IMG_0109
2日間とも夜は夕食パーティーです。料理は美味しいですし、気候もよく
ちょっと外で飲んだりも出来て楽しかったです。


th_th_IMG_0113
Torsten M. Scheyerさん(チューリッヒ大学)。
カメだけでなく板歯類の研究もしておられ、資料等でお世話になっています。
持っているのは、私が製作したアノマロケリスストラップ



最終日はオプションツアーで伊豆のIZOOへ。

th_DSC00873
th_DSC00821
th_DSC00926
片道4時間と少々長旅でしたが、良い雰囲気の電車・風景で移動中も快適。
まさに大人の遠足です。



大きくて華やかな学会も楽しいですが、このカメ進化シンポのような
40人規模の学会もまた別の楽しさがあります。数日間の間に、なんとなく顔見知りに
なれてしまうのも良いですね。前回の参加から6年ぶりでしたが、それでも結構皆さん
私の事を覚えて下さっていて嬉しかったです。次回も参加出来れば良いな、と思っています
(それまでに何か化石カメの新作、作っておかないと!)




__________________________________________________________________________________




■イラスト展示 at スウェーデン・ Bjuv採鉱博物館

2018年5月31日 / 作品展示

私の描いたゲロトラックスがスウェーデン・ Bjuv採鉱博物館の展示で使われています。

s-IMG_4857
s-IMG_4857 - コピー

小さな仕事とはいえ、スウェーデンでの作品展示はウプサラ大学のエウヘロプスに加え
2つ目になりました。展示にはしっかりと私の名前も入っています。
担当の方とのやりとりもスムース&丁寧で、とても気持ちの良い仕事になりました。


________________________________________

■恐竜ワークショップ at 丹波竜化石工房のお知らせ

2018年5月30日 / お知らせ

スクリーンショット 2018-05-30 16.53.27

【丹波竜化石工房・恐竜ワークショップのお知らせ】
2018年6月10日(日曜日)
・午前「ティラノサウルス頭部復元模型体験」
・午後「恐竜フィギュア塗装体験」
です。
詳細・申し込み等はこちら



_____________________________________________________________

■アーカイブ

TOPへ戻る