■フランクフルト動物園

2018年1月29日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外

ドイツ旅行の最後はフランクフルト動物園。

最寄りの動物園駅
th_IMG_20171103_095013
th_IMG_20171103_094947
th_IMG_20171103_094834



動物園入口
th_DSCN9926



th_IMG_20171103_100324
th_IMG_20171103_100814


th_IMG_20171103_102705
飼育員さんが気になるコアリクイ。


th_IMG_20171103_101421
キーウィ館。と言っても、キーウィはバックヤードで飼育中で見られません。
その代りにキーウィに関する展示があります。
th_IMG_20171103_101544
th_IMG_20171103_101832



th_DSCN9940
th_DSCN9960
th_DSCN9966




th_DSCN9978
th_IMG_20171103_122353
th_DSCN9993
鳥類の展示が非常に充実していたように思います。
ゼンケンベルグ自然史博物館も鳥類展示・研究に力を入れていますし、
歴史的に鳥類研究に重きを置く何かがフランクフルトにはあるのかも知れません。


th_DSCN0010
th_DSCN0012
th_IMG_20171103_132929
th_DSCN0026
鏡に自分を写すことで、霊長類の系統図が完成します。


th_IMG_20171103_124548
23032870_1697534813621672_1729306133860903873_n
もちろん、昼食も園内で。


ショップ
th_DSCN0035
th_IMG_20171103_135548




ドイツの動物園では、爬虫類・両生類や魚類などの屋内展示を見るのが楽しみなのですが、
このフランクフルト動物園では鳥類の屋内展示、特に小型の鳥の展示が印象に残りました
(その割には画像を紹介出来ていませんが。動きが速いので、なかなか良い画像が撮れず)。
確かに小型の鳥は屋内飼育でないとなかなか至近距離で見る機会は多くはありません。
その鳥特有の行動を見せるような工夫もされていて、見始めると飽きません。
また鳥類館の建物そのものも古いもののようで、建物自体も魅力的でした。




・・・・・・・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。


_______________________________________________

■日本古生物学会・愛媛大学大会に参加します。

2018年1月24日 / お知らせ

2018年2月2-4日の日本古生物学会・愛媛大学大会に参加します。
ポスター発表・私と当社の仕事の簡単な紹介の出展・3日のランチョン小集会
みんなで語ろう「若手交流の会」へ参加します。
学会参加の皆様、宜しくお願い致します。




__________________________________

■恐竜ワークショップ at 丹波竜化石工房

2018年1月24日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2018年1月21日
兵庫県丹波市・丹波竜化石工房にて恐竜ワークショップの講師を担当しました。
アシスタントには大阪市立大学・恐竜愛好会会員の学生さんに来て頂きました。

午前は恐竜フィギュア塗装
th_P1000340
th_P1000338
th_IMG_7718


午後は丹波竜骨格シールを使った骨格復元ワークショップ
th_IMG_7729
th_P1000348
th_P1000349
th_IMG_7739


丹波竜のお膝元だけに、丹波竜関連のワークショップは楽しいですし、
特に骨格復元ワークショップの後は、自分の作品を持ってまた丹波竜の展示を見に行く参加者さんが多く、
またそこで色々とお話出来るのが良いですね。

丹波竜化石工房では、また他のワークショップの開催も予定しています。
また宜しくお願い致します。

_______________________________________

■「世界の恐竜MAP」中国版&台湾版

2018年1月18日 / お知らせ, 書籍・商品原型・グッズ

当社が恐竜・古生物イラストを製作した「世界の恐竜MAP」
中国版と台湾版が出版されました。

中国版
th_CIMG6347
th_26166883_1766508246724328_2391141459821414855_n
箱入りになっていてビックリ。

th_CIMG6348
th_CIMG6349





台湾版
th_CIMG6342
th_CIMG6344
th_CIMG6346



折角の「世界」の恐竜MAPですから、他の国でも出版できれば良いな、と思っていたので、
今回の中国版・台湾版は嬉しいです。他の言語版も増えて欲しいです。



______________________________________

■京都大学・近畿古脊椎動物学ゼミで発表しました。

2018年1月13日 / イベント・教室・講演

京都大学・近畿古脊椎動物学ゼミで発表をしました。
th_CIMG6159
th_CIMG6140
講演タイトルは
『”リアルな復元”って何だろう?
〜古生物復元アートにおける学術的な裏打ちと作品としての魅力の両立に関する諸考察〜』
としましたが、結局はこれまでの私の仕事の感想や今後の活動方針に関して考えている事等と、
何だか人生相談な感じになってしまったような。
ただ、こういう話を出来る事はあまり無いので、今回は私にとっては貴重な機会になりました。
普段のゼミでの皆さんの研究発表に比べると、フワフワした内容で申し訳なかったのですが
(と言って、私に研究発表を期待されても、なんですが)、
お付き合い下さった皆さん、ありがとうございました。

発表のあとの懇親会
th_CIMG6177
th_CIMG6178
最後の画像は、左から岸田拓士さん(「クジラの鼻から進化を覗く」著者)、
私、ゼミ主催の松岡廣繁さん(「鳥の骨探」総指揮)、
疋田努さん(京都大学名誉教授・「爬虫類の進化」著者)です。





_______________________________________________________________

■ハルキゲニアワークショップ at 谷村諒さん個展会場

2018年1月11日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2018年1月7日
谷村諒さんの個展会場でハルキゲニアストラップ製作ワークショップを行いました。
何故ここでハルキゲニアかというと、谷村さんがハルキゲニアをモチーフとしたイラスト作品を
描いておられるからなのです。


th_th_CIMG6108
という事で、まずは谷村さんからハルキゲニアのお話し。


次に私が担当のハルキゲニアストラップ製作です。
th_CIMG6111
th_CIMG6119
私が原型製作したフェバリット社・ハルキゲニアフィギュア
無彩色版をフェバリット社さんのご厚意で用意して頂き、それを染料で染め、
紐をつけてストラップにします。
皆さんに出来あがったものを「かわいい」と言って貰え嬉しいです。
ハルキゲニアが好きで、この個展に来ました、という方もおられ、
思った以上のハルキゲニア人気に驚いたり。


谷村さんの作品展から幾つか
th_CIMG6127
シュトゥットガルト州立自然史博物館


th_CIMG6124
ジュラ博物館。
谷村さんがドイツ旅行の際に訪問した博物館を題材にしたシリーズ。


th_CIMG6130
th_CIMG6132


ハルキゲニアワークショップは今回初めての開催でしたが、
谷村さん&参加者の皆さんのお陰で無事に終わることが出来ました。
また、他の方の作品展でのワークショップ、というのも初めての経験でした。
今までとはちょっと違う雰囲気に、こちらも楽しませて頂きました。
ありがとうございました。



________________________________________________________

■「冬のきしわだ恐竜教室・子どもの部」

2018年1月6日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2017年12月24日
きしわだ自然資料館にて「冬のきしわだ恐竜教室・子どもの部」の講師を担当しました。

th_IMG_3099
まずは大阪市立大学・恐竜愛好会の学生さんが恐竜・化石研究のお話。


次は私が担当の恐竜復元イラスト製作
th_th_unnamed
th_2unnamedのコピー
th_3unnamed



最後は恐竜フィギュア塗装です。
th_4unnamed
th_5unnamed
恐竜に詳しい子、絵や工作が好きな子、調べ物が得意な子、
恐竜や古生物の姿・形が好きな子など、いろんな形で恐竜を楽しんでいる子どもさんに会えます。
こちらも様々な意見や物の見方を見聞きできて楽しませて貰っています。


次回は2018年3月に、きしわだ古生物教室を予定しております。
また詳細決まりましたらお知らせ致します。




______________________________________________________

■宝石と鉱物の街 イダー・オーバーシュタイン

2018年1月5日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外

ドイツ旅行5日目。
フランクフルト中央駅から電車で約2時間弱のイダー=オーバーシュタインへ。


th_IMG_20171102_110830
th_DSCN9836
th_IMG_20171102_162717

イダー=オーバーシュタインは宝石・鉱物加工で有名な街。
鉱物好きには聖地と言っても良い場所だそうで、今回の旅行参加者さんの
リクエストでスケジュールに入れました。
私も一箇所くらいは自分の専門外&行った事のない場所を日程に入れたかったですし、
その分野では有名な場所という事で興味もあったのです。

まずは駅の前から始まるオーバーシュタイン地区へ。
th_DSCN9842
鉱物や宝石を扱うお店が何件もあります。

本屋さん
th_DSCN9843



th_DSCN9849
正面の崖にある教会が観光名所だそう。


ですが、我々の目的はこちらの鉱物博物館。
th_DSCN9853
th_DSCN9902
th_DSCN9895
th_DSCN9894
th_DSCN9863
th_IMG_20171102_120501



加工品の展示も
th_DSCN9883


th_DSCN9869
th_DSCN9870
th_DSCN9858
th_DSCN9855



th_DSCN9899
加工作業所。水車で研磨用機械が動いています。

こちらは鉱物そのものの展示がメイン。
イダー地区には加工品がメインの博物館があるという事で、タクシーで移動
(同じ街とはいえ、歩ける距離ではないです)


イダー地区の中心部。
th_IMG_20171102_150155
宝石国際見本市も行われるそうで、立派なホテルもありました。


博物館見学の前に昼食。
th_DSCN9911
th_P1000380-500x375
th_IMG_20171102_140026


イダー地区の博物館。こちらは宝石・鉱物を加工した工芸品・美術品がメインです。
th_IMG_20171102_150828
th_IMG_20171102_154009
th_IMG_20171102_152806
th_IMG_20171102_152550
th_IMG_20171102_155320
th_IMG_20171102_155125
th_IMG_20171102_160114
th_IMG_20171102_155357
加工品がメインという事で、正直あまり期待していなかったのですが、
展示物の予想以上の細かさ・美しさに驚きました。
流石は世界に名高いだけはあります。

こちらは特別展。
昆虫をメインに同じような色・模様の生物・鉱物を並べる、という趣旨です。

th_IMG_20171102_161407
th_IMG_20171102_161150
th_IMG_20171102_160847
th_IMG_20171102_160840
th_IMG_20171102_161300
展示物そのものに加え、展示手法・照明の使い方が美しい展示。
時間が足りなくて、ちょっと駆け足での見学になってしまったのが残念でした。

ドイツらしい綺麗な街並みと宝石・鉱物の街の名の通りの充実した博物館で
専門外の私でも「来てよかった」と納得でした。
訪問にあたっては、あまり日本語での紹介が見当たらないなか、
いくつかのウェブサイト、特にサイト「鉱物たちの庭」の紹介ページの記事が大変参考になりました。
町の大きさ・雰囲気、交通手段、食事の出来る場所の有無等を事前に
知っておけるのはやはりとても心強かったです。
それに、この紹介ページがなければ、イダー地区・オーバーシュタイン地区に分かれている事も
知らずに訪問し、イダー地区には行かずに帰ってきてしまっていたかも知れません。

「鉱物たちの庭」管理人さんの著書です。


・・・・・・・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。

_________________________________




■ゼンケンベルグ自然史博物館

2017年12月20日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外

ドイツ旅行4日目。
シュトゥットガルトから新幹線でフランクフルトへ。
駅前のホテルに荷物を置いて、早速ゼンケンベルグ自然史博物館へ。
ベルリン自然史博物館と並んで、ドイツを代表する自然史博物館です。


th_DSC09237
博物館前のティラノサウルス


th_DSC09239
博物館は一部リニューアル工事中。
それに合わせてディプロドクスもヘルメット着用でした。



th_DSC09240

th_DSC09242
今年(2017年)が開館200周年だったようです。


th_DSC09291
th_DSC09370
恐竜メインホール。主に北米産の有名恐竜の骨格レプリカが
並んでいます。ドイツではこういったメジャーどころの恐竜の展示が
それほど多くはないので、地元の方には人気があるそうです。
それだけ、ドイツでは何処の博物館も地元の化石が充実しているという事かも知れませんが。
ただ、日本から来た私たちには、ほぼどれも日本で見慣れた骨格だったり。


th_DSC09285 (LAPTOP-S0SFB4AR の競合コピー 2017-11-04)
なので、やはり注目なのはドイツ産化石メインの展示。
ここは海棲爬虫類メインの部屋。ここまで散々凄い標本をドイツで見て来ましたが、
ここの展示物も見事です。

th_IMG_20171101_125350
th_IMG_20171101_125112
th_DSC09292
その他の展示は、前回見学の時の記事を。


th_DSC09365
th_DSC09368
三葉虫などの無脊椎動物動物化石ホール。
展示物も素晴らしいですが、この展示室の作りもカッコイイ。



世界遺産にも指定されているメッセル採掘場の化石ホール。
th_IMG_20171101_150755
th_DSC09353
th_IMG_20171101_151909


化石ゾウ類展示
th_IMG_20171101_143519




勿論、恐竜でも凄い標本が。
th_DSC09351
アメリカで発見された有名なエドモントサウルスミイラ化石。
福井県立恐竜博物館にあるのは、これのレプリカ。


th_DSC09300
中国で発見されたプシッタコサウルス。
尻尾の上の繊維状の突起や皮膚や色素の痕が残っている素晴らしい標本。
それらの情報を元に作られた模型も発表されています。


th_DSC09303
顎の裏側。

th_DSC09304
フクラハギの皮膚。
これを元に復元すると、従来のイメージとは随分違う外観になります。
前回訪問時にこの標本を見た時に、その可能性に気づかなかったのが悔しかったり。



この博物館の古生物研究者・ジェラルド・マイヤー先生に案内もして頂きました。
マイヤー先生は化石鳥類の著書もあり、また先日発表の大型ペンギン化石の研究者でもあります。

th_IMG_20171101_134624
マイヤー先生のオフィスでお茶を頂いた時のコーヒーカップ。
化石鳥類が専門のマイヤー先生らしいです。

現生鳥類標本収蔵庫を見せて頂きました。
(収蔵庫の画像は許可を頂いた上で掲載しています)
th_IMG_20171101_140836
th_DSC09321
th_DSC09316
貴重な標本が続々と。
中には作られたのが100年以上前の剥製もあり、またその羽毛がフワフワなのにも驚きます。
同行の皆さんのリアクションが良い&鳥に詳しい方がおられたせいか、
マイヤー先生も「見たいものがあったら言ってください!」との事で、
色々とお願いして見せて頂きました(というか、言えば出てくるのが凄い)。


th_DN1x6YbUQAEVLw9
常設展示の解説もして頂きました。


th_IMG_20171101_142231
ドードー骨格。


th_23231121_1697533353621818_8346361787385448954_n
プシッタコサウルスの前で記念撮影。


th_IMG_20171101_142155
キーウィ。
鳥類標本・卵のコレクションで有名な博物館でもあり、
展示も鳥類関連が非常に充実しています。


th_IMG_20171101_122129
トリケラトプス頭骨裏側(こちら側を見られるのは結構嬉しい)


th_DSC09375
恐竜パズル。


th_IMG_20171101_120633
th_DSC09376
ミュージアムショップ。アメリカのショップに比べると商品は大人しめ。


th_IMG_20171101_155052
あのマネキンも健在でした。


現生動物展示の大半がリニューアル作業中で見られなかったのが残念でした。
タカアシガニはもう一度見たかったのですが。



博物館見学の後、マイヤー先生にはフランクフルトの街を案内して頂けると事に。

th_DSC09380-LAPTOP-S0SFB4AR-の競合コピー-2017-11-04-333x500
th_DSC09382
th_IMG_20171101_165246

th_IMG_20171101_163815




夕食もマイヤー先生の案内で。

th_IMG_20171101_172836
th_23130891_1697533600288460_5102325504615203889_n
がっつりビール&ソーセージ!th_23167554_1697533496955137_9022192346722926264_n-500x333
マイヤー先生には、本当にお世話になりました。


西ドイツ側の大型自然史博物館だっただけに、メッセル、ホルツマーデン、ゾルンフォーヘンと
ドイツを代表する化石産地標本が一通り見られます。特にメッセルの標本の充実度は素晴らしい。
フランクフルト中央駅からのアクセスも良いですし、日本語の館内案内パンフレットもあります。
現生動物展示がにリューアルでどうなるか楽しみ&また見に来たいです。



・・・・・・・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。
_______________________________

■丹波竜化石工房・恐竜ワークショップのお知らせ

2017年12月18日 / お知らせ

兵庫県丹波市・丹波竜化石工房にて平成30年1月21日(日曜日)。
今回は午前は「恐竜フィギュア塗装体験」、午後は「丹波竜骨格復元体験」となっています。
詳細・申し込みはこちら

33990 2
3399



_______________________________________________

■アーカイブ

TOPへ戻る