■きしわだ恐竜教室・子供の部 2017年5月

2017年5月24日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2017年5月14日
きしわだ自然資料館にて「きしわだ恐竜教室」開催。

th_DSCN9711
最初は大阪市立大学・恐竜愛好会メンバーによる恐竜・古生物研究のお話。


th_DSCN9739
th_DSCN9759
次は私が担当の復元画製作ワークショップ。

最後は恐竜フィギュア塗装です。
th_DSCN9775th_DSCN9786



小学生の頃にこの教室にずっと参加して下さっていた方が
手伝いに来て下さいました。今は中学生で、この教室の卒業生と言っても良いかも。
もう教室の内容も判っているので、特に説明せずとも何かと手伝ってくれるので、
本当に助かります。
同じように中学・高校生になってからも、顔を出したり手伝いに来てくれる方は
他にもおられます。「今は恐竜からはちょっと離れているけど」と言いつつも来てくれたりも。
長く&繰り返し教室を開催出来ているからこそのお付き合いです。

_____________________________________________


■恐竜教室 at 龍華図書館

2017年5月11日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2017年5月7日
大阪・八尾市・龍華図書館にて恐竜教室を開催。
「世界の恐竜MAP」関連企画です。

th_IMG_2957_R
私が関わった本や商品、
化石のレプリカ等を見てもらいました。



th_DSCN9669
th_DSCN9673
まずは大阪市立大学・恐竜愛好会の皆さんによる
恐竜研究のお話。
その後は、私が担当の恐竜復元画に挑戦。
th_DSCN9696
th_DSCN9693
th_DSCN9700


「大人の凄い所を子供に見せてやる良い機会です!」と、
付き添いの保護者の方にも挑戦してもらうと
th_DSCN9697
本当に凄いのが出て来たり。


th_DSCN1519
復元画の描き方の基本を知って貰った所で、
「世界の恐竜MAP」での恐竜イラスト製作のお話。

最後に「世界の恐竜MAP」の内容サンプルを見てもらいつつ、
私が実際に訪れたアメリカの恐竜発掘地や博物館のお話をしました。

最近は、ただ子供さんの付き添いで来た、というだけでなく
子供さん達以上に熱心に参加して下さる大人の方が増えて来たように感じます。
地図と恐竜という組み合わせで、子供・大人両方の興味に何処かで引っかかる要素のある
「世界の恐竜MAP」を使ってのお話は、いろいろとこれからも幅を広げられそうに思っています。
この教室を企画して下さったエクスナレッジさん、龍華図書館の皆さん、ありがとうございました。



____________________________________

■博物学ファンミーティング「銀細工と恐竜・古生物」

2017年5月9日 / NHFM, イベント・教室・講演

2017年4月28日
ナレッジサロン・プロジェクトルームにて
博物学ファンミーティングを開催(前回の様子)。
今回はRC GEAR・横山氏をゲストに「銀細工と恐竜・古生物」をテーマに
お話して頂きました。
th_DSCN9637


th_DSCN9640
放散虫を復元・立体化する上での研究者さんとの濃いやり取りのアレコレ。
あの形状の放散虫ですから、恐竜等とはまた違った次元の大変さと面白さです。

後半は、横山さんのもう一つのお仕事、恐竜骨格の組立や補修のお話。
組立だけでなく補修まで手掛けているのは非常に珍しい存在。
それだけに、まず他では聞けない話が沢山。

th_DSCN9649
横山さんの作品や放散虫プレパラートを見学中。



翌日は六甲昆虫館での横山さんの個展初日。
th_DSC06770
th_DSC06772
放散虫をメインに、恐竜・古生物頭骨シリーズ等も展示・販売されています。
横山さんの個展は2017年5月21日までです。


th_DSC06768
個展準備が終わって、開店までの間に一服中の
横山さんと六甲昆虫館・長山さん。


__________________________________________

■丹波竜化石工房・恐竜ワークショップのお知らせ

2017年5月8日 / お知らせ

2017年5月28日
兵庫県丹波市・丹波竜化石工房にて恐竜ワークショップ開催です。
詳細・申込等はこちら



__________________________________

■長岡市立科学博物館・ハルキゲニア特別展示

2017年5月2日 / お知らせ, 作品展示, 造形作品

2017年5月7日まで、長岡市立科学博物館でゴールデンウィーク特別企画として
ハルキゲニア実物化石が展示されています。ハルキゲニア新旧復元模型は私が製作しました。
18194894_1468507409857748_5932242411744907393_n
18157481_1468507446524411_7802995763945034582_n


長岡市立科学博物館には、私が雛形を製作した実物大ダイカイギュウ復元模型もあります。



_________________________________

■恐竜ワークショップat 東京スポーツ文化館のお知らせ

2017年4月27日 / お知らせ

東京スポーツ文化館「楽しい科学教室・恐竜編」
2017年6月25日   
詳細・申込はこちら
サイエンスライター・土屋健氏の講演の後に、
私が担当の恐竜復元ワークショップを行います。
小学4~6年生が対象です。



______________________________________

■恐竜教室のお知らせ

2017年4月22日 / お知らせ

【恐竜教室のお知らせ】
5月7日・八尾市龍華図書館にて開催の恐竜教室の講師を担当します。
申込等の詳細はこちら
今回は「世界の恐竜MAP」 関連企画ですので、本の内容を絡めたお話もしようと思っています。




_____________________________

■講談社BCキッズ「はじめてのきょうりゅうずかん」

2017年4月17日 / お知らせ, 書籍・商品原型・グッズ

講談社BCキッズ「はじめてのきょうりゅうずかん」が発売になりました。
丹波竜イラスト、また恐竜化石等の解説用写真以外は、
私の模型の画像・イラストのみで構成されています。
th_DSC065581-450x500



この本のウリは英語表記。
恐竜の名前や体の各部分等のアルファベットと英語発音も表記されています。
th_DSC06610-500x451
学名はラテン語読みが基本となっており(詳しくはこちらの本も)、
これは日本での読み方(ローマ字読み)で大凡近いのですが、
海外に行くと英語での会話が多い事もあり、会話の中では英語発音で
出て来る事がほとんど。
ですが、その学名の英語発音が日本語での読み方とかなり違う事が多いのです。
そもそも「サウルス」が「ソーラス」ですから。
私も海外に行き始めた頃は勿論、今でも英語での会話中の恐竜の名前に
戸惑う事があります。

th_DSC06606-500x396

また、体の各部の英語も意外に難しかったり。
その恐竜の特徴をパッと表現&理解出来ないと困る事も多いですが、
これが英会話の本等にはなかなか出て来ない単語ばかりです。

この本の企画を聞いた時は
「自分が海外に行き始めた10年前にこういう本があれば!」と
思いました。それだけに、この本に参加・自分の作品が使われた事が余計に
嬉しいです。
子供だけでなく、大人でも海外の博物館を見学する時には
役に立つのでは? というか、是非役立てて頂ければ!


___________________________________________________



■新作・ダーウィニウス

2017年4月8日 / お知らせ, 作品展示, 恐竜・古生物作品, 造形作品

新作・ダーウィニウスをサイトに更新>こちら
京都大学総合学術博物館・常設展示用に製作したものです。





________________________________

■きしわだ古生物教室 ・バージェスモンスター編

2017年3月30日 / イベント・教室・講演, 恐竜ワークショップ

2017年3月26日
きしわだ自然資料館にて当社企画の
「きしわだ古生物教室・バージェスモンスター編」を開催。


th_DSCF2383

th_DSC06308
まず、大阪市立大学「恐竜愛好会」の皆さんからバージェスモンスターのお話。
様々なバージェスモンスターの紹介や、ハルキゲニアの化石の「どちらが頭か」クイズ等で
盛り上げてくれました。

次は、私が担当のアノマロカリスフィギュア塗装。
th_DSCF2421
th_DSCF2426
私が原型製作のフィギュア(フェバリット社)の未塗装版を特別に
フェバリット社さんに用意して頂きました。

th_DSC06321
th_DSC06319
眼の塗装には、ちょっと特殊な絵具を使って「複眼」を表現してもらいました。

今回は、いつにもまして大人の方が多くフィギュア塗装に
参加して下さいました。全くの経験無しの方から、プラモデルが趣味という方まで、
いろいろ居られ、お話していて楽しかったです。

予想外だったのは、恐竜ではなく古生物の教室だから参加した、
という方が多かった事。今回初めて私の担当する教室に参加した、
という方も半数以上でした。
参加の子供さんに好きな古生物(恐竜を除く)を聞いても、
どんどん手が上がり、結構マイナーなものまで出て来ます。
私にとっても新鮮な手応えでした。
今後の各所での開催が楽しみです。



___________________________________________________

■アーカイブ

TOPへ戻る