■御所浦白亜紀資料館展示用竜脚類模型

2021年4月4日 / 作品展示, 造形・イラスト作品


御所浦白亜紀資料館展示用の模型を製作しました。
御所浦島で発見されている竜脚類肋骨化石の展示に合わせたもので、
近い年代で中国で発見されているエウヘロプスを元にしています。


   御所浦白亜紀資料館での展示


__________________________________

■徳島県産小型獣脚類化石プレスリリース

2021年3月13日 / お知らせ, 造形・イラスト作品

徳島県で発見された小型獣脚類化石の発表
私の作品の画像が小型獣脚類のイメージとして使われています。


__________________________________

■恐竜ワークショップ at 丹波竜化石工房 2021年1月

2021年2月25日 / 恐竜ワークショップ, イベント・教室・講演

2021年1月17日
丹波竜化石工房にて開催の恐竜ワークショップの
講師を担当しました。

午前は恐竜フィギュア塗装





午後はティラノサウルス頭部復元
フェバリット社・ホネケシ・ティラノサウルス頭骨に
カラー粘土で肉付けを行います。






丹波竜化石工房では特別展「ちいさな肉食恐竜の神秘」が開催中でした。


丹波市産の恐竜卵化石ヒメウーリサスの標本&復元模型。
卵の形だけでなく、表面の凹凸までこだわって
作られたそうです。



ドロマエオサウルス全身骨格。
国内では結構珍しいです。

_____________________________________________

■Hoploparia hinokunika 復元画を担当しました。

2021年2月24日 / 作品展示, 造形・イラスト作品

熊本県天草市御所浦から見つかった新種の白亜紀のエビ、
Hoploparia hinokunika の復元画を担当しました。
新種記載と復元画監修は安藤佑介先生(瑞浪市化石博物館)。
天草市立御所浦白亜紀資料館の展示に使われています。



___________________________________

■恐竜ワークショップ at 岐阜県博物館

2021年2月16日 / 恐竜ワークショップ, イベント・教室・講演

2021年1月11日
岐阜県博物館にて開催の恐竜復元ワークショップの
講師を担当しました。



午前はティラノサウルス頭部復元。
フェバリット社・ホネケシ・ティラノサウルス頭骨に
カラー粘土で肉付けを行います。









午後は丹波竜・タンバティタニス骨格シールワークショップ。
シールになったタンバティタニスの骨を並べて全身骨格を組み立てます。






企画展「みんなの恐竜学」が開催中でした。



ユタケラトプス頭骨。
国内ではまだ展示は珍しいはず。




普段は展示されていない岐阜県産の恐竜の歯も沢山。



岐阜県博物館の学芸員・高津先生がご専門の
恐竜足跡研究について。
その博物館の特色が出ている展示は楽しいです。
タイの恐竜足跡産地を再現したVRも。
私もやってみましたが、かなりの臨場感。
思わず真剣に足跡を探してウロウロしてしまいました。
____________________________________


■恐竜ワークショップ at 淡路島・明石海峡公園

2021年2月10日 / 恐竜ワークショップ, 作品展示, イベント・教室・講演

2021年1月3日
淡路島・明石海峡公園にて開催の恐竜ワークショップの講師を
担当しました。
午前は恐竜フィギュア塗装





午後はティラノサウルス頭部復元







イベント・あわジオフェスティバルが開催中という事で
丹波竜を中心に兵庫産の化石などが展示されていました。





私の作品も展示に使われました。





____________________________

■ウタツサウルス展示 at 宮城県・松島離宮

2021年1月27日 / お知らせ, 作品展示

宮城県・松島離宮のウタツサウルス展示に
私の作品が加わりました。





________________________________

■学研の図鑑LIVE「地球・宇宙探検」

2021年1月12日 / お知らせ, 造形・イラスト作品, 書籍・商品原型・グッズ

学研の図鑑LIVE「地球・宇宙探検」用に
ウィリアム・バックランド、ギデオン・マンテル、
リチャード・ウーウェン、
メガロサウルス&イグアノドン各新旧復元のイラストを描きました。






__________________________

⬛︎鹿児島・甑島海生ワニ &モササウルス類化石記者発表

2020年10月5日 / 作品展示

鹿児島・甑島海生ワニ&モササウルス類化石記者発表にて
私の模型作品(メトリオリンクスクリダステス)と
イラスト(ステネオサウルス、モササウルス)が使用されました。
記者発表についてはこちら


ステネオサウルスはドイツで海ワニ化石沢山見て、
「これは記念にイラストにしておかないと!」と
個人的に描いたものですが、まさか日本産の標本の発表で使われるとは思いもせず。
ゲロトラックスのイラストもそうですが、趣味&個人的に描いたものが
学術的な場で使われるのは、依頼で製作する場合とはまた違った嬉しさがあります。


_______________________________________________________

■「きしわだ恐竜教室 子供の部」2020年8月

2020年10月3日 / 恐竜ワークショップ, イベント・教室・講演

2020年8月 きしわだ自然資料館で開催の
「きしわだ恐竜教室子供の部」の講師を担当しました。


最初は大阪市立大学で古生物を専攻中の岩嵜さんによる恐竜研究のお話。


次に私が担当の復元画製作、恐竜フィギュア塗装。





当日の様子は岸和田市の広報HPでも
紹介されています>こちら





きしわだ恐竜教室」終了後、高校生の方にスタッフ向けの
ミニ講演をして貰いました。彼は小学生の頃に「きしわだ恐竜教室」に何度か参加。
それ以降は都合が合えば教室の手伝いに来てくれています。
今回は、昨年アメリカにホームステイ、その際にミシガン大学自然史博物館を見学した、
という事なので、簡単なレポートをお願いしたら、ちゃんとパワーポイントで
データを作ってくれたのです。博物館展示の解説文もしっかり読んで
説明出来る英語力に感心。それにホロタイプ標本を認識、
紹介していたのにもビックリ。確かにそういう事も教えたような気もしますが、
良く覚えてたなぁ。私は行ったことが無い&リニューアルしたばかりの博物館
という事で、新しい&面白い情報ばかりです。コロナで学会等も中止、
国内外の博物館に行く機会も無いだけに、余計に楽しい発表でした。

小学生の頃に「きしわだ恐竜教室」に参加、高校生や大学生になった今も
見学や手伝いに来てくれる方が数人います。教室始めたころには、
こういう付き合いの続き方が出来るとは思いませんでした。






_____________________________________________________


■カテゴリー

■アーカイブ

TOPへ戻る