カテゴリー「博物館・特別展見学」の記事

■チュービンゲン大学古生物博物館

2017年11月22日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外

シュトゥットガルトから電車でチュービンゲンへ。
チュービンゲンも今回で3回目。1回目2回目の記事も合わせて読んで頂ければ。
th_IMG_20171030_094638
前回まではシュトゥットガルトからの直通便があったのですが、今回は途中一度乗り継ぎ。


th_DSC08694
th_IMG_20171030_102704
それでも1時間ちょっとでチュービンゲン駅に到着です。


th_DSC08698




th_DSC08739
th_DSC08707
駅から徒歩10分ほどで博物館のある区画に。
まず動物学展示室を見学。一般公開されていませんが、この日もガイドに来てくださったマークスさんが
見学の許可を取って下さっていました。


th_DSC08725
th_DSC08732
th_IMG_20171030_114232


th_IMG_20171030_112611
日本と言えばラクーン・ドッグ、つまりタヌキ。

th_DSC08718
そしてそのタヌキの剥製を製作されたユーゲン・ロージンガーさん。
この大学の剥製士です。他にもこの展示室の解説をして頂きました。
展示物の凄いもの・貴重なものを熟知しているからこその楽しい解説でした。
タヌキの剥製にも、なんだかご本人の人柄が出ているような気がします。

th_DSC08712




昼食は、博物館すぐ側のチュービンゲン大学の学食。
学食大好きな私としては、嬉しいサプライズ! 
これまでも「あそこでご飯食べたいな〜」と思っていたのです。
th_DSC08733
th_DSC08735
th_DSC08736




そして古生物博物館へ。
th_IMG_20171030_124447

th_IMG_20171030_124803
th_DSC08773
th_IMG_20171030_125552
th_IMG_20171030_140047
th_IMG_20171030_135854
th_DSC08781



th_IMG_20171030_131827
th_IMG_20171030_132030
ヒレの輪郭が残っている首長竜標本。


th_IMG_20171030_125921
魚竜いろいろ。


th_IMG_20171030_140819
海サソリの足跡。


th_IMG_20171030_131502
ヘノドゥス


th_DSC08801
シバテリウム頭骨。思っていたよりも大きくゴツくてビックリ。


th_IMG_20171030_134521
スタレクケリアを始めとする単弓類メインの部屋。


th_DSC08812
ホルツマーデン産のウミユリと、ホルツマーデンの粘板岩を使ったテーブル。
ここに皆さんで座って一休み。



th_IMG_20171030_152316



th_DSC08843

ドイツならでは化石コレクションに加え、歴史のある大学の建物の中、という雰囲気が
ドイツそしてヨーロッパの自然科学の歴史を体現しているようです。
展示解説文がドイツ語・英語の併記になっているのもありがたいです。
それほど大きくは無いものの、展示物・標本はギッシリ。
また展示に使われているキャビネット等も古いものが多く、
ドイツの古生物学の魅力と歴史がギュッと詰まった博物館です。
一方で、これだけの魅力があるにも関わらず、研究者以外では
日本ではあまり知られていない博物館でもあります
(これはドイツの地方博物館全般に言えますが)。
大学博物館という事もあり、見学者もそれほど多くなく
じんわり古生物学の魅力に浸れます。疲れたら、すぐそばの学食で
ちょっとお茶&休憩もできるのも良いです。
古生物目的でドイツを訪問される際は、ぜひ見学候補に入れて欲しい場所です。
ただし、大学博物館なので基本的に日曜日・祝日は休館。
前もって休館日や祝日をチェックしておいたほうが良いでしょう。



夕方はチュービンゲンの街を散策。
th_DSC08892
th_IMG_20171030_154819
th_DSC08883
th_DSC08886
th_DSC08899

チュービンゲンは城と大学を中心とした街で、
伝統的なドイツの街並みと現代風のお店のバランスが良いです。
今回はシュトウットガルトから日帰りでしたが、古生物博物館に加え、
ホーエン・チュービンゲン城内にある考古学博物館、街歩きも楽しいので
1泊する価値も十分あるかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。

_______________________________________

■レーヴェントール博物館

2017年11月16日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学

ドイツ・シュトゥットガルトのレーヴェントール博物館を見学。
今回で3回目です。1回目2回目の記事も併せて見て頂ければ。

シュトゥットガルト中央駅からUバーンで数駅、Nordbahnhof駅から歩いてすぐ。
th_IMG_20171029_102638
th_IMG_20171029_103149



th_IMG_20171029_124634
th_IMG_20171029_125204
この博物館の恐竜といえばプラテオサウルス。


th_DSC08602-500x333
th_DSC08500
ここの大型魚竜展示は何度見ても圧巻。

th_IMG_20171029_124112
テムノドントサウルス全身骨格を上から。
そもそも大型魚竜の立体骨格が珍しいのですが、その上にこの角度からも
見られるのは嬉しいの上乗せ。


th_DSC08565
2012年に新種記載された魚竜化石。



th_IMG_20171029_121321
大型両生類として知られるマストドンサウルスでも
これほど大きいものの化石はここでしか見たことがありません。
学名も種小名がギガンテウス。直球&ドヤ感が良いです。


th_IMG_20171029_120006
ゲロトラックスおよびその他化石両生類頭骨。
このあたりの標本が多いのも、この博物館ならでは。


th_DSC08504
ホルツマーデン産・ジュラ紀の海ワニの後肢・皮膚痕付き。
魚竜の体の輪郭やヒレの痕が残るホルツマーデン産化石ですから、
こういうのもあっても不思議では無いですが、やはり驚きの保存状態です。


th_DSC08511
その魚竜のヒレや体の輪郭が初めて判明した化石(らしい)。





th_DSC08481
カメの先祖として2015年に発表されたパッポケリス。
聞いてはいましたが、小さい化石です。
この博物館の研究者による研究・発表という事もあってか、
しっかりアピールされていました。


th_DSC08585
アエトサウルスの子供の密集化石。
アエトサウルス類の化石としては最も保存状態の良いものとされています。


th_IMG_20171029_105924
th_DSC08471
th_DSC08472
th_IMG_20171029_110447
th_IMG_20171029_111351
th_IMG_20171029_110930
th_IMG_20171029_110600
エディアカラからバージェス、ペルム紀にかけての模型やジオラマ展示が
かなりの数追加されていました。いくつかは前回見学の時に製作途中のものを
バックヤードで見せて貰っていましたが、完成したものを見て、
そのしっかりした作りに感心するとともに、それだけの仕事をコンスタントに
出来る環境に羨ましさもあります。
この博物館にはこういった展示物製作の専属スタッフが数人いる上に、外部の工房とも
連携しているようです。人と時間とお金が十分に掛けられているからこそのクオリティでしょう。


th_DSC08561
このマンモスも、前回訪れた時に展示に加わったばかりだったものが、
よりクオリティの高いものに修正(差し替え?)になっていました。
ほんの数年でこれだけの展示を入れ替えるとは(その経緯はわかりませんが・・・)。

その他の展示を(もちろん一部ですが)


th_IMG_20171029_145603
th_IMG_20171029_144529
th_DSC08606
th_DSC08609
th_IMG_20171029_143849
th_DSC08549



th_IMG_20171029_120245
今回も古生物仲間のマークス・ブラーさんが合流。
この博物館の展示キャプションはドイツ語のみなので、マークスさんの英語での
解説があるのは本当にありがたいです。
また、マークスさんが古生物だけでなく現生動物、生物学の知識も豊富なので、
標本の価値や意義まで説明出来るのです。
「復元」に興味のあるもの同士なので、これだけ素晴らしい標本・展示を前にすると
話題に事欠きません。あとは私の英語力がもう少しあれば・・・。

今回で3回目の見学ですが、日本やアメリカの博物館ではまず見られない種類の
化石が多く(というかほとんど)、そしてそのほとんどが実物の展示。
凄い標本にも関わらず、前回見たはずなのにすっかり忘れている展示が多いのは、
その博物館全体の情報量の多さに私の頭が追いついていないからでしょう
(覚えていなくてもしっかり画像は撮っていたのは、自分でもエライと思いましたが)。
模型や展示の見せ方・建物のクオリティも素晴らしい、私にとっては宝箱中の宝箱のような
博物館です。
それだけの場所を古生物好きの日本人・ドイツ人の友人と一緒にアレコレ話をしながら
見学することで、これまでよりもずっと博物館を楽しめ、その魅力を知る事が
出来たと思います。


th_DSC08622
博物館の外側にいるデイノテリウム実物大復元模型。


・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。

_______________________________________





■ドイツ旅行2017

2017年11月13日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学

古生物&博物館好きの友人・知人と一緒にドイツ・シュトゥットガルトとフランクフルトを中心に、
いろいろ見学&案内して来ました。


レーヴェントール古生物博物館とローゼンシュタイン自然史博物館
(2館併せてシュトゥットガルト州立自然史博物館)。
th_DSC08500
th_DSC08602
th_DSC08641
大型魚竜展示は何度見ても圧巻。




チュービンゲン大学動物学展示室&古生物学博物館。
th_DSC08701


23032667_1697528403622313_8008287325573409735_n
th_DSC08712
th_DSC0872523231362_1697529090288911_1600418322916183044_n
th_DSC08773
th_DSC08790
動物学展示室は普段は非公開。今回、許可を頂いて見学させて頂きました。
また大学の剥製士・ユーガン・ロージンガー氏に展示物解説もして頂けました。




ホルツマーデン・ハウフ博物館&化石発掘場。th_DSC08943
th_DSC09001
th_DSC09035
th_DSC09048
th_DSC09032
ホルツマーデンは魚竜を始め、 海生ワニ・ウミユリなどの海生動物の化石で世界的に有名な場所。

23130490_1697532503621903_5317411105810520286_n
シュトゥットガルト・チュービンゲン・ホルツマーデンと 案内して下さったマークス・ブラーさんと。
多くの研究者さんと交流して、趣味で動物模型・復元模型を制作している友人です。
古生物だけでなく現生動物も幅広くカバーしている知識量、ヨーロッパの多くの
博物館を精力的に訪問している行動力には、ずっと驚かされています。
今回のドイツ滞在の前半はマークスさんの至れり尽くせりの案内に 本当にお世話になりました。



フランクフルト・ゼンケンベルグ自然史博物館
th_DSC09364
th_DSC09353
th_DSC09340


th_DSC09335
23231121_1697533353621818_8346361787385448954_n
皮膚印象やシッポの繊維状痕跡の残るプシッタコサウルスの実物化石や
エドモントサウルスのミイラ化石実物が展示。 世界遺産に指定されているメッセル・ピットの
化石展示も充実しています。
博物館の古生物研究者・ジェラルド・マイヤー先生に館内の案内をして頂きました。

th_DSC09380 (LAPTOP-S0SFB4AR の競合コピー 2017-11-04)

23167554_1697533496955137_9022192346722926264_n
またマイヤー先生にはフランクフルト案内もして頂いた上に 夕食までご一緒して頂きました。



イダー=オーバーシュタイン
th_DSCN9849
th_DSCN9853
th_DSCN9902
th_IMG_20171102_150828

th_IMG_20171102_160114
th_IMG_20171102_155357
宝石・鉱物の加工で有名な街。 2つの地区に分かれていて、 博物館もそれぞれに地区に一つずつあります。



フランクフルト動物園
23132043_1697534590288361_8085875731573816911_n
23167924_1697534533621700_2428108250938366263_n
23172926_1697534666955020_5708771011703769006_n
キーウィを紹介する建物がありますが、キーウィそのものは バックヤードにいるという事で
見る事が出来ませんでした。


勿論、食べ物もいろいろと。
th_DSC09206

23130891_1697533600288460_5102325504615203889_n

th_P1000380

23032870_1697534813621672_1729306133860903873_n
23168048_1697532273621926_6231727416101284329_n
th_DSCN9919
th_DSCN9910


各施設の詳細はまた後日。

・・・・・・・・
日本人をお連れして海外の施設を案内するのは台湾に続き2回目。
古生物関連ではシュトゥットガルト周辺は日本の皆さんにも
もっと知って欲しい地域なので、今回こうして日本から古生物・博物館好きの
皆さんを案内出来たのは、私にとっても嬉しいことでした。
今回も現地の友人、研究者さんに解説・案内をして頂いたのですが、
至れり尽くせりの対応で本当にお世話になりました。
また、こういう旅が出来る機会があれば良いな、と思っています。

_______________________________________________

■富山市科学博物館

2017年10月18日 / 博物館・特別展見学

富山で開催の日本動物学会の翌日、富山市科学的博物館を見学。

th_P1000366

th_P1000354
富山県で発見された恐竜足跡化石を中心とした恐竜・古生物展示。


th_P1000352
国内初のアンキロサウルス類の足跡。

DKe5IkmVwAAvJ7O
学芸員の藤田先生に、足跡化石を解説して頂きました。


th_P1000345
コンプソグナトゥス。

th_P1000357
地質・古生物展示はコンパクトながらなかなかの充実。
恐竜足跡化石は予想以上の見事さでビックリでした。
「日本一の恐竜足跡化石産地」との謳い文句も納得です。


th_P1000364
メガロドンの顎。

th_P1000362
現生のツチクジラ骨格。

学芸員の吉岡先生には、館全体を案内して頂きました。
展示物はもちろん、学芸員と見学者との距離を縮める工夫・取り組みなどのお話しを伺えました。
またそう言った工夫や考えが、実際に施設にも反映されているように感じました。

th_P1000338
ショップでは、私が原型製作のフェバリット社・オパビニア、アノマロカリス、
ダンクレオステウスが販売中です。
見本としてパッケージから出した状態で飾られているのが、ちょっと嬉しい。


th_P1000337
むやみに楽しげな同行者。確かに終始こんな感じで楽しい富山でした。


____________________________________________

■カルガリー動物園

2017年10月11日 / SVP2016・カルガリー, 博物館・特別展見学

2017年8月27日
カルガリー動物園を見学


th_DSC08209
「プレヒストリック・パーク」入口。
恐竜の実物大模型を配置したエリアです。


th_DSC08212
マスコットキャラのサムくん。


th_DSC08217
th_DSC08220
th_DSC08239
10体の恐竜模型のうち、約半数は恐らくシンクレア石油が1960年代に
製作した実物大模型(オリジナルかどうかは分かりませんが)。
子供の頃に本で何度も見た、憧れの恐竜達です。
今回、こうして実際に見る事が出来たのはロイヤル・ティレル博物館と共に
念願叶って、でした。

マップを見ると一部工事中ですし、ネットで見ると過去にもっと恐竜の模型が
あったようです。もしかしたら改装中で恐竜の数も減っていたのかな、と。


th_DSC08229
顔出しがパキリノサウルスなのは、流石アルバータ州。



原猿放し飼いエリア。
th_DSC08304
th_DSC08317
th_DSC08310





th_DSC08256
プレーリードッグ。



th_DSC08268
バイソン。


th_DSC08358
カワイノシシ。今回の個人的にツボった動物。
調べても見たら日本国内の動物園でも何箇所か飼育しているよう。
また機会があったら、そっちも見に行きたいです。


th_DSC08347
キリン&カバ


th_DSC08194
恒例の動物園での食事。


th_DSC08361
ショップ


th_DSC08207
レッサーパンダTシャツ。いい顔。

昼前から閉園近くまでいても結局全部は見て回れまわれなかったのは残念でしたが、
シンクレアの恐竜達と川の字で寝るカワイノシシが見れたので十分納得です。

・・・・・・・
他の博物館などの見学の記事は「世界の恐竜博物館見聞記」に纏めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
_______________________________________

■ロイヤル・ティレル博物館

2017年9月10日 / SVP・古脊椎動物学会, 博物館・特別展見学

2017年8月22日
カナダ・ロイヤル・ティレル博物館を見学。
SVP・古脊椎動物学会のオプションツアーとしての見学です。

午前8時、バスで出発
th_DSC07355


カルガリーから2時間
th_DSC07356

th_DSC08076
th_DSC07628


まずはツアー参加者に挨拶&博物館紹介th_DSC07367



th_DSC07887



見事な保存状態で話題になったボレアロペルタが展示されていました。th_DSC07377
th_DSC08009
th_DSC07383



th_DSC07878
レガリケラトプス頭骨


th_DSC07997
ゴルゴサウルス
このゴルゴサウルスを含め、館内で展示されている
ゴルゴサウルス・リブラトゥスは以前はアルバートサウルス・リブラトゥスとして
紹介されていました。アルバートサウルスの模式種はサルコファグスなので、
アルバートサウルス属が消えた訳ではありませんが、
ロイヤル・ティレルの展示を始め、アルバートサウルスと言えば
リブラトゥス種、という世代でもありますし、名前からもアルバータ州を
代表する恐竜というイメージが強いので、ゴルゴサウルスになったのは
ちょっと勿体ない気もします。


th_DSC07844
ティラノサウルス、愛称”ブラック・ビューティー”。
1992年の大阪の恐竜博以来の対面。


th_DSC07418
th_DSC07467
メインホール


th_DSC07968
ティラノサウルス
1990年の幕張メッセの大恐竜博に来ていたこのティラノサウルスが
私が初めて見たティラノ全身骨格でした
(当時は国内で常設のティラノ骨格は北海道・滝川市美術自然史館だけだったはず)。
あれから国内でもティラノの展示は増え、海外でも何体もティラノは見ましたが、
こうしてロイヤル・ティレルでこのティラノに再会するといろいろと感慨深いものが。


th_DSC07960
パキリノサウルス



th_DSC07497
角竜展示コーナー


th_DSC07810
ランベオサウルス


th_DSC07546
ゴルゴサウルス、、、、ですが、
th_DSC07779
個人的には、ヤラレ役のセントロサウルスがツボ。
セントロサウルスの骨格をこのアングルで見られるのが嬉しいのです。



学会のツアーという事で、収蔵庫見学も出来ました。
th_th_DSC07647
th_DSC07694
私は研究者でないので、収蔵庫の画像、特に標本の詳細な画像は基本的にネットには、
アップしない事にしているので、画像は雰囲気の判るこれくらいで。
現場でも本当に撮影禁止の物は、標本毎に注意書きが出ていましたが。



学会ツアー参加者のランチタイム
th_DSC07723
th_DSC07721



th_DSC07581
海生爬虫類コーナーのトリナクロメルム。
見せ方がカッコイイです。お気に入りの一つ。


th_DSC07995
ブロントプス(メガケロプス)



th_DSC07443
ショニサウルス。現時点では世界最大級の魚竜化石だそうです。


th_DSC07939
白亜紀の植物を想定した温室。


th_DSC08020
お約束の博物館のレストランでの食事。


th_DSC07369
th_DSC07893
th_DSC07899
ミュージアムショップ。


th_DSC07725
”ロイヤル”・ティレル、ですから!



有名な博物館だけに、様々なメディアで何度も詳しく紹介されている事もあってか、
主要な恐竜の展示物の多くは本やネットで見たアレだ!という印象。
なので目新しさ・意外性は他の博物館訪問の時ほどでは無かったかも。
とはいえ、それでも自分の見たい角度・部分を存分に見れる&画像を撮れるのは嬉しいもの。
それにボレアロペルタも見れましたし、バックヤード見学が出来たのは学会ツアーだからこそ。
自力で来るのは結構難しい場所でもあるので、今回は自分にとってはこれ以上無い機会でした。
また、恐竜好きが高じて今の仕事になり、海外の博物館もいろいろ回っていながら
ロイヤル・ティレルに行った事が無い、というのは、何となく引け目になっていたので、
今回の最良といって良いチャンスでの訪問でそれが解消出来た事&達成感は大きかったです。


ドラムヘラーの町の恐竜物件
th_DSC07359



DH6KhOVUAAAwuva.jpg_large
「ポーラーボーラ」を彷彿させます。


DH6MwcxUAAA5Gtt.jpg_large
仲良し(こちらは「UNKNOWN ISLAND」感)。

・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。



______________________________

■瑞浪市化石博物館&名古屋市科学館見学会

2017年5月26日 / イベント・教室・講演, 博物館・特別展見学

2017年5月20−21日の2日間、
瑞浪市化石博物館&名古屋市科学館見学会を開催。
当初は、当社のメールマガジンや私のブログでの先行告知の後、
Facebookツイッター等でもお知らせする予定でしたが、
最初の告知の段階でほぼ定員に達してしまい、ちょっと嬉しい誤算でした。

th_DSC06830
th_th_DSC06841
th_DSC06846
瑞浪市化石博物館では、学芸員の安藤先生による展示解説。

夕食は名古屋のビストロ・ラブレ。
古生物好き夕食会で毎回お世話になっているお店。
th_DSC06861
何故かここでも安藤先生がコスプレ?をして参加。
th_DSC06863
th_DSC06865
th_DSC06864
th_th_DSC06868





翌21日は名古屋市科学館の特別展&常設展示見学。
th_DSC06880
名古屋市科学館の学芸員さん拘りの特別展の恐竜骨格の「影」。
今回の見学会参加者さん、特に女性陣に好評でした。



th_DSC06877
th_DSC06886
18620241_1494807077227781_5251205581491920375_n
この日も安藤先生が案内して下さいました。


名古屋近郊だけででなく、関西・関東からの参加者さんも多く、
これまでにない古生物好きの交流の機会になったかと思います。
こういう企画を、また瑞浪・名古屋は勿論、他の地域でも開催出来れば
楽しそうです。



_____________________________________________

■恐竜博2016・大阪 見学オフ会

2016年12月5日 / イベント・教室・講演, 博物館・特別展見学

少し前になりますが、大阪で開催の恐竜博2016見学オフ会を行いました。

th_dsc05682

th_dscf0936

今回は、会場の混雑を考慮して、当社のメールマガジンのみで告知の
少人数での集まりとなりましたが、その分ゆっくりと見学・お話も出来たかと思います。



th_dsc05703

東京開催見学の時は、かなりの混雑で画像もあまり撮れなかったのですが、
今回はタイミングが良かったのか、場内はあまり混雑せず、
結構ゆっくりと画像を撮る事が出来ました。



___________________________________________________________

■ユタ大学自然史博物館

2016年11月29日 / アメリカ2016年10月, 博物館・特別展見学, 海外

ソルトレイクシティ・ユタ大学自然史博物館を見学。


th_dsc05487
ソルトレイクシティに本社があるシンクレア石油の恐竜ロゴ入りトラム。
シンクレア社が1960年代に製作した実物大恐竜模型が、子供の事のお気に入りの一つでした。



th_dsc05005
博物館外観。
トラムの最寄り駅から坂道上って約25分。
結構距離ありますが、歩けない事もない。
隣の駅からは、この博物館にも止まるシャトルバスが
出ているみたいですが(平日のみ)。


th_dsc04866

th_dsc04659
リトロナクス(下)とテラトフォネウス(上)

th_dsc04670
グリポサウルス

th_dsc04671
テリジノサウルス類のノトロニクス(左)とファルカリウス(右)

th_dsc05544
アロサウルスの群れ。成体1体に子供が5体!

th_dsc05525
バロサウルスの背中に飛びかかるアロサウルス子供。

th_dsc05568
マーショサウルス(左)、ケラトサウルス(右)倒れているのはステゴサウルス。

th_dsc04728
テラトフォネウス成体(奥)と幼体(手前)。
日本の恐竜展等で展示される事が多いのは、恐らくこの幼体と同じレプリカ。

th_dsc05612
この博物館の目玉の一つ・角竜頭骨系藤樹。

th_dsc04732
ウインタテリウム。ユタ州のユインタ山地が名前の由来。

th_dsc04984
哺乳類展示コーナー。

th_dsc05594
展示ホールの背景には、ダグラス・ヘンダーソン氏の作品が使われています。
ダグラス・ヘンダーソン氏は恐竜・古生物自体だけでなく、そういった動物が居る風景を
しっかりと絵画として描ける作家の1人だと思います。
そのヘンダーソン氏のモノクロの背景画を使う所にも、この博物館のコンセプトが垣間見えるようです。
また、各恐竜のキャプションにもマーク・ハレット氏等、しっかりと復元画を描ける作家の作品が
多く使用されていました。

ダグラス・ヘンダーソン氏のイラストが掲載されている書籍の中から
個人的にお気に入りのものを。


こちらは先日出版された、マーク・ハレット氏のイラスト掲載の書籍



th_dsc04657
収蔵庫を覗き見る事が出来ます。

th_dsc05001
ミュージアムショップ。

th_dsc05000
子供向けTシャツ。

th_dsc04997
骨格デザインのヌイグルミ。同じようなコンセプトの恐らく別メーカーのものを
アメリカ自然史博でも見ました。最近の流行なんでしょうか?

th_dsc04653
今回のお気に入りグッズはコレ。背びれが光ります。

・・・・・・・
展示規模と展示物のクオリティ、解説の量のバランスが非常に良い博物館です。
各展示解説は比較的シンプル、ただし標本データ類はしっかりなのが大学博物館らしい。
th_dsc05495
発掘地や発見年に発見者だけでなく化石クリーニング担当のチームや個人名まで
表記されているのは、かなり珍しいです。

また地域に密着した、ユタ州で見つかっている恐竜・古生物で構成された展示というのも
コンセプトですが、それでこれだけの規模・バラエティの展示が出来るのはユタ州だからこそ、
でもあります。近くにあるブリガム・ヤング大学古生物博物館北米古代生物博物館
上手く展示物が被らないように配慮されているようにも思いました(あくまで私の想像ですが)。
th_dsc05613


th_dsc04895
食堂の料理も美味しかったです。

・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。

_________________________________________

■北米古代生物博物館

2016年11月18日 / アメリカ2016年10月, 博物館・特別展見学

2016年10月25日、SVP・古脊椎動物学会の
オプションツアーとしてブリガム・ヤング大学古生物博物館と共に
ユタ州・リーハイ(Lehi)の北米古代生物博物館(North American Museum of Ancient Life)を見学。
th_dsc05119
th_dsc05118


th_dsc05121
エントランスホールのトルボサウルス。

th_dsc05163
古生代展示

th_dsc05165


th_dsc05172
th_dsc05183
スーパーサウルス&ブラキオサウルス

th_dsc05276
ステゴサウルスの赤ちゃん。赤ちゃんの全身骨格復元は珍しい。
部分的に見つかっている2個体の標本を元に復元したそうです。

th_dsc05279
営巣中のオスニエリアの群れ。

th_dsc05173
ケラトサウルス

th_dsc05252
こちらはケラトサウルス幼体の実物化石。
これ以外の頭骨実物化石も見せて貰えましたが、
ダンボール紙で作ったかのように薄い頭骨、またナイフのような薄さの歯には
驚きました。

th_dsc05185
th_dsc05222
白亜紀ホール
ティラノサウルス2体にエドモントサウルスの親子。

th_dsc05178
ガストニア大小。
大きな個体は丹波竜化石工房に展示があるので、個人的にはお馴染みの骨格の一つ。

th_dsc05189
ストルシオミムス。

th_dsc05188


th_dsc05198
白亜紀の海展示

th_dsc05207
哺乳類展示。このエレモテリウム(オオナマケモノの1種)のポーズが良いです。

th_dsc05357
体重計。乗ると自分の体重に近い恐竜が判ります。
というか、中型恐竜サイズの人がいるんだろうか?

th_dsc05134
化石クリーニング室を見学中のツアー参加者。

th_dsc05367
ミュージアムショップ。

th_dsc05376


研究施設、というよりファミリー向けの恐竜展示パビリオンな感じの施設。
とはいえ展示規模としては世界屈指というのは納得ですし、立派な化石クリーニング設備があるのも
流石です。展示は、同じ恐竜が複数体展示されているものが多く、贅沢な構成でした。
この前に見学したブリガム・ヤング大学古生物博物館とは好対照な施設ですが、
車で数十分ほどの距離なので、2つの博物館を両方見るのは(車があれば)簡単です。

ですが2つの博物館を1日で見るのはなかなか大変。
特に今回は学会のツアーという事で収蔵庫等、普段は入れない部分も見せて貰えたので
見聞きした情報量は大変なもの。画像撮影だけでも体力使います。
何とか一通り画像も撮り終え、集合時間まで時間があるものの疲れて食堂で休んでいると、
他の参加者さんもぞろぞろと休憩に。話をすると「1日に博物館2つは疲れるね〜」と。
研究者さんでもそうなんだなぁ、と、ちょっと安心したり。


これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。


______________________________________________________










■アーカイブ

TOPへ戻る