東ユタ大学・先史博物館

2014年6月7日 / 2014年 コロラド・ユタ


th_th_DSCN8826.jpg
th_th_DSCN8827.jpg
なんか、大変な事になってます。

th_DSCN8822.jpg
ユタラプトル
エントランスホールにユタラプトル全身骨格。

th_th_DSCN8849.jpg
先の画像のモニュメントとポーズが
揃えられています。

th_th_DSCN8850.jpg
足下には模式標本!
th_th_DSCN8943.jpg
2階から背中を見れるのも嬉しい。

th_th_DSCN8882.jpg
恐竜ホール。
カマラサウルス・ステゴサウルスは組み立て途中で
バラバラのパーツが並べられています。
作業途中を見られる、というのも良いですね。

th_th_DSCN8977.jpg
アロサウルス&カンプトサウルス
アロサウルスがガストラリア(腹肋骨・腹側の骨)付きなのが
ポイント高し。

th_th_DSCN8899.jpg
ヨロイ竜コーナー。
手前からペロロプリテス、ガストニア、アニマンタルクス。

th_th_DSCN8957.jpg
ヨロイ竜の専門家で、ガストニアの記載命名者でもある
ジム・カークランド氏による解説。

th_th_DSCN8891.jpg
th_th_DSCN8896.jpg
カスモサウルス全身骨格と、前肢と足跡を組み合わせた展示。
かなり珍しいです。

th_th_DSCN8949.jpg
ジョン・ウェスレイ・パウエル・リバー歴史博物館にも作品が
展示されていたクリフ・グリーン氏の作品。

th_th_DSCN8925-1.jpg
こちらは新生代ホール
th_th_DSCN8831.jpg
ショップ。小規模ですが、品揃えはかなりしっかりしています。

th_th_th_DSCN8987.jpg
ジム・カークランド氏、この博物館の研究者・ケネス・カーペンター氏、
この集会に一緒に参加した日本人研究者さんと記念撮影。

th_th_th_DSCN8991.jpg
カーペンター氏には、これまでいろいろお世話になっている
お礼に丹波竜フィギュアを。
いかにも大学付属、という落ち着いた雰囲気が良い
博物館。ステゴサウルス、カマラサウルスが組み上がった後に
もう一度来れれば良いなぁ、と。
>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

■アーカイブ

TOPへ戻る