ユタ・フィールドハウス州立自然史公園博物館

2014年5月20日 / 2014年 コロラド・ユタ


ユタ州バーナル市
ユタ・フィールドハウス州立自然史公園博物館
th_th_R1012375.jpg
ユインタ郡から発見された化石をメインに収蔵、展示しています。

th_th_R1012211.jpg
エントランスホールのディプロドクス。

th_th_R1012300.jpg
メインホールのステゴサウルス&アロサウルス。
綺麗な骨格レプリカですが、ステゴとアロは珍しくも無いしな、
と思っていると、、、、
th_th_R1012267.jpg
その足元には、ハプロカントサウルスが!
展示されている部分の約90%は本物の化石。

th_th_R1012293.jpg
こちらはステゴサウルスの肋骨の実物化石。

th_th_R1012230.jpg
ウインタテリウム。
なぜウインタテリウム?と思ったら、この博物館のある
ユインタ郡のユインタ(=ウインタ)山地が学名の由来。
まさに「ご当地古生物」なのでした。

th_th_R1012217.jpg
ウインタテリウム・ジオラマ模型
th_th_R1012235.jpg
展示されている化石が何かを、特徴等を選びながら
順にボタンを押して推定していきます。

th_th_R1012368.jpg
ミュージアムショップ。

th_th_R1012370.jpg
th_th_R1012374-1(ドラッグされました)
アメリカで放送中の恐竜番組のキャラクターのフィギュア。
そもそも、この番組を放送していない日本では
こういった商品にもお目にかかれません。
屋外には、実物大の恐竜・古生物模型達。

th_th_R1012344.jpg
th_th_R1012348.jpg
復元は古め。

th_th_R1012349.jpg
池の中の島にプロトケラトプス。

th_th_R1012352.jpg
なぜにモスコプス?(笑)
模型とは言え、実物大モスコプスは珍しいかも。
この博物館については、ほとんど事前に知識は無かったのですが、
そこはやはり化石産地の本場、凄い展示物が数多くあり、
不意打ちだけに余計に驚きました。
またバックヤードも見学出来ましたが、
当然そこにも見事な標本がゴロゴロ。
見学時間に制限があったので、画像を撮るだけで精一杯だったのが
ちょっと残念でしたが、それは贅沢というものでしょう。
>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

■アーカイブ

TOPへ戻る