SVP・古脊椎動物学会2013 その2

2013年11月19日 / SVP2013・ロサンゼルス, SVP・古脊椎動物学会


CIMG2712.jpg
学会会場より。
平山廉さんに声を掛けるポール・セレノさん(ブレちゃってますが)。
若いの頃、同じ研究室にいた仲で、今でもこうして
学会で会うと必ず挨拶するのだとか。
●10月31日
この日はハロウィン。
街中は勿論、SVP会場内にもハロウィン仕様の
姿の方がチラホラ。
この日の夜は、現地在住の研究者さん主催で
SVP参加のアーティストを招待したパーティ。
会場は、その主催研究者さんお自宅。
いわゆるホームパーティです。
小田隆さん、平山廉さんと共に参加。

s-CIMG2774.jpg
床に広げられた大きな紙に、参加者が落書き中。
この落書きは翌日のオークションに出品される事に。
私もウタツサウルスを描いたのですが、
ちょっと構図をミスってシッポの曲がりがキツめに。
と、まわりから「そんなにシッポ、曲がってないぞ~」と
総ツッコミ(笑)。流石はSVPに参加するアーティストだけあります。

s-CIMG2762.jpg
飼われていたマタマタを囲む参加者。
もちろん平山さんもいます。

s-CIMG2772.jpg
恐竜キャンドルの乗ったケーキ。

s-CIMG2778.jpg
壁に架けられた作品。
主催者さんのコレクションです。

s-CIMG2770qw.jpg
会場の様子。
20人近くが集まり、最近の活動などの情報交換。
学会会場では慌しい事も多いので、アーティスト同士で
ゆっくりと話が出きる貴重な機会になりました。
●11月1日
s-qCIMG2799.jpg
学会会場にて。
左からウィリアム・スタウトさん
ルイス V・レイさんマウリシオ・アントンさん
ルイス V・レイさんは今回会場に出展、作品が
使われた本や作品のコピーを販売されていたので、
会期中は自然とアーティストの集まる場所に。
マウリシオ・アントンさんは、私が会いたいと思っていた
古生物アーティストの一人。今回、初めて会う事が出来ました。
化石哺乳類のイラストを多数発表されています。
この日の夜は恒例のオークション。
サイレントオークション、ライブオークションの2部構成なのですが、
今年はサイレントのほうの画像を撮り忘れてしまったので、
過去の様子をコチラから。
ライブオークションの恒例のコスプレは、
ハロウィン&ロサンゼルスらしいネタ。

s-CIMG2807.jpg
「ドレパノサウルスと一緒」着実に進んでいます。

ss-R1010994.jpg
ジェームス・カークランドさん
ss-CIMG2745.jpg
ダレン・ネイッシュさん
ss-CIMG2717.jpg
ルイス V・レイさん
ss-CIMG2727.jpg
トーマス・ホルツさん
画像はその一部。後日纏めて紹介予定。
ルイス V・レイさん&トーマス・ホルツさんの著作

マウリシオ・アントンさん関連書籍

ウィリアム・スタウトさん著作

ダレン・ネイシュさん著作

■アーカイブ

TOPへ戻る