■「紀行・お茶の時間」

2020年6月9日 / その他



先日紹介の「台湾茶話」と同じ著者の本。
こちらは様々な国でのお茶に関わる人達の話です。
中国だけでなくモンゴル、ウズベキスタンとアジア多めで、
お茶の本としては珍しい気がします。





また先日、真中朋久さんが紹介されていた「茶馬古道の旅」
も雰囲気の良い本でした。
中古の価格がちょっと、、、でkindleでの購入が残念。
紙の本で持っておきたい本です。





______________________________

■カテゴリー

■アーカイブ

TOPへ戻る