■ステネオサウルス

2020年4月8日 / 造形・イラスト作品



ステネオサウルス
Steneosaurus
体長:約3m
時代:ジュラ紀中期~後期
発見地:イギリス、フランス、ドイツ、スイス、モロッコ
現在のガビアルに似た細長いアゴをもつ海棲ワニのなかまです。
前足が短いのは、泳ぐときに水の抵抗を小さくするためだと考えられています

・・・
シュトゥットガルト、テュービンゲン、ホルツマーデン、フランクフルト。
ドイツは予想をはるかに超える海ワニ天国でした。また行きたいです。


レーヴェントール古生物博物館(シュトゥットガルト)



テュービンゲン大学
海ワニいろいろ。



ハウフ博物館(ホルツマーデン)



ゼンケンベルグ自然史博物館(フランクフルト)
これはステネオサウルスでなくてメトリオリンクス

___________________________

■カテゴリー

■アーカイブ

TOPへ戻る