東海大学自然史博物館&海洋科学博物館

2011年9月5日 / 恐竜・古生物


9月4日
現地で小説家・富永浩史さんと合流。
東海大学自然史博物館へ。
翌日のSF大会が東静岡駅前のグランシップ開催という事で、
前日に静岡入り。なら、やっぱりここは外せません。
開館した30年前は、日本でも珍しい、纏まった数の
恐竜の全身骨格展示で書籍等にも掲載される事が多く、
いつかは行きたい博物館でしたが、まさかSF大会とのセットで
来る事になるとは。
入り口すぐには、デイノニクス全身骨格と
R0015440s-.jpg
トリケラトプス頭骨。発掘現場をモチーフにした展示ですが、
流石にこんなに完全&歪みの少ない状態で
発掘される事はまず無いかと。ま、そこはイメージで。
入り口からエスカレーターで一気に3階へ。

R0015540s-.jpg
落ち着いた雰囲気に恐竜が並んでいます。

R0015607s-.jpg
ディプロドクスの全身骨格って、恐竜博では結構見ますが、
意外に常設展示は国内では珍しいかも。

R0015625s-.jpg
タルボサウルス&プロバクトロサウルス

R0015577s-.jpg
エウオプロケファルス
タルボ、ディプロ、トリケラ、ステゴ、エウオプロと
まさに恐竜を代表する姿のものは一通りいますね。
そして、東海大付属のエースと言えばコイツ、
R0015462s-.jpg
スクトサウルス! これを見るのが今回一番の目的なのです。
ペルム紀の大型動物の代表の一匹として、図鑑等では
紹介される事の多いのですが、成体の骨格となると
それほどネット上の画像等も多くはありません。
ニューヨーク自然史のものよりも、「らしい」感じなんだけど、
実際はどうなんでしょう?
自然史博物館の後は、その隣の海洋科学博物館
同行の富永さんが魚類に詳しいという事で、
いろいろと解説してもらいながらの見学。

sR0015730.jpg
これが、本格的な水槽展示と、
sR0015749.jpg
目の前の駿河湾で見つかる深海魚コレクションの充実ぶり。
とはいえ、大学付属だけに、ちょっとマニアックだったり
学術的な部分からのアプローチも多く、
他の水族館とはまた違った魅力が。

sR0015741.jpg
リュウグノツカイの幼魚標本。
成魚も雄雌揃ってます。

sR0015768.jpg
ピグミーシロナガスクジラ骨格
sR0015770.jpg
世界で最初のメガマウス剥製。
恐竜展示がメインの博物館と水族館が隣接してる
施設って、かなり珍しいような。
大学付属という独特な雰囲気もあって、なかなか
魅力的なところでした。

■カテゴリー

■アーカイブ

TOPへ戻る