台湾 その4

2010年3月9日 / 2010年 台湾


無事、帰国しました。
ですが、まだ台湾の記事は続きます。
●7日
朝、Sucusさん夫妻と合流、再度、台中の国立自然科学博物館へ。

s-RIMG0979.jpg
屋外の恐竜模型。
恐らくカスモサウルス&アルバートサウルス。
結構良い出来です。
暖かい台湾故の南方系の植物が
雰囲気を良くしています。

s-RIMG0971.jpg
まだ開館前。
「幻龍拳!!」とかやってます(嘘)
*幻龍=ノトサウルス
この日は、日本の古生物研究者さんから
紹介して頂いた、自然科学博物館の研究者・張鈞翔氏と
お会いする約束になっていたのです。
アジアの研究者とは、SVPで少し話した事はあるものの、
時間を取って貰いゆっくりお話しするのは初めて。
また、Suchusさん夫妻も古生物学者と会うのは
初めて、という事でちょっと緊張もしましたが、
張鈞翔氏は非常に明るく話しやすい方で、
最初の緊張もすぐ無くなり、いろいろと今回の
特別展のお話し等を伺うことが出来ました。

s-RIMG0986.jpg
張氏の研究室にて。
この時、私は台湾行き直前に完成させた
マチカネワニの模型を持っていったのですが、
それを見た張氏は、同僚の單希瑛氏を紹介して下さり、
台湾で見つかった近縁種のワニについて
お話し等を伺うことが出来ました。
午後は、博物館の近くで何か軽く食べようと、
適当に喫茶店に入った所、、、、、
s-RIMG0993.jpg
、、、、フィギュア喫茶!?
台湾では昔から老若男女に人形劇が大変人気なんだそうで、
このお店も人形劇ファンの方が経営されているのでは、との事。
こういう人形も、人形劇製作会社が販売しているとか。
店内には人形劇専門誌も揃っており、お客さんはお茶しながら
真剣に雑誌に見入ったり、友人とおしゃべりしたり。

s-RIMG0995.jpg
雑誌の雰囲気や、人形の衣装を見ていると、
より広い世代に人気のある宝塚、って感じ?
s-RIMG1000.jpg
トイレにも、デフォルメフィギュアが。

s-RIMG0990.jpg
で、頼んだ料理。
食事の後、台中から台北へ移動。
と書くと簡単そうですが、車で約3時間。
Suchusさん夫妻には、本当にお世話になりっ放しの
台湾旅行なのです。
続く。

■カテゴリー

■アーカイブ

TOPへ戻る