アメリカ3日目・フィールド博物館

2007年5月22日 / 2007年 オクラホマ・シカゴ


バスは無事に来ました。
午前3時半、フロントでチェックアウトをすると、
夜のうちにRobertaさんが預けて行ったという
贈り物と手書きのメッセージが。。
おまけにホテル代の半分は博物館が払ってくれると。
飛行機で2時間、次の目的地・シカゴに到着。
いろんな出来事は後にして、
まずは見て頂きましょう。

シカゴ・フィールド博物館です。

フィールド博物館正面


パラウロロフス


ラペトサウルス(後ろはアパトサウルス)
  


トリケラトプス


デイノニクス
    

Buitreraptor ブイトゥレラプトル




ヘレラサウルス(骨格&ツェルカス氏製作復元模型)
       



ダスプレトサウルス



アウラケファロドン
 

オフィアコドン
組み立て骨格は珍しい。



バラノプス
     

カセア


エダフォサウルス
  

カコプス



ブラディサウルス


Andalgalornis(アンダルガロルニス?)
      


グリプトドン



マストドン



絶滅ワニ・マハジャンガスクス


白亜紀の陸生ワニ・シモスクス




20世紀前半に活躍した古生物画家
チャールズ・R・ナイトによる壁画の一部。




最後はやはりティラノサウルス、スー。




>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

■カテゴリー

■アーカイブ

TOPへ戻る