カテゴリー「作品展示」の記事

群馬県立自然史博物館・企画展「恐竜時代の海の支配者」

2015年9月1日 / 作品展示

群馬県立自然史博物館・企画展「恐竜時代の海の支配者」を
見学してきました(企画展は2015年8月31日に終了)。

2015831.jpg
Futabasaurus
今回新たに組まれたフタバサウルス(フタバスズキリュウ)。
これまでに組まれた骨格とポーズが違ます。
この頭を下げて水中を進んでいる感じがカッコイイです。
骨格の下には産状再現のレプリカも。

th_DSC01384.jpg
私の作品も展示されています。
また「フタバスズキリュウ発掘物語」の著者・長谷川善和先生は
この群馬県立自然史博物館の名誉館長でもあります。

th_DSC01365.jpg
ヒドロテロサウルスレプリカ展示。
大型首長竜では素晴らしい保存状態で有名な標本。
レプリカとはいえ、これが見られるとは!
th_DSC01350.jpg
小規模とはいえ、ちょっと珍しい板歯類コーナー。
シノキアモドゥスとプラコドゥス頭骨。
シノキアモドゥスの近縁のキアモドゥスについて>こちら

th_DSC01358.jpg
Utatsusaurus
ウタツサウルス。
私の模型も展示されています。

th_DSC01342.jpg
Goniopholis
中生代のワニ・ゴニオフォリス。
復元画は小田隆さん。
また、展示の骨格は実物化石を組み立てたもので、
この組立作業は小田さん率いる成安造形大学チームで行われました。
モササウルス類のクリダステスの実物化石。
見事な保存状態。

th_DSC01370.jpg
th_DSC01345.jpg
当社所蔵のクリダステス骨格レプリカ。
このクリダステスの再組立と輸送用ケースの製作も
小田さんと成安造形大学チームによるもの>詳細
中生代の海棲爬虫類全般をメインにした特別展は、これまでも
ほとんど前例が無いものと思います。
フタバサウルスやモササウルス類、もちろんウタツサウルス等と
日本は恐竜以上に海棲爬虫類の化石は多く発見され、貴重なものも
多数含まれます。今回の企画展は、その集大成の1つにも思えました。
また、この企画展の図録もオススメ。
中生代の海棲爬虫類全般について古生物学者が執筆&日本語で
読める資料としては希有なもののはずです。
博物館ミュージアムショップでは企画展終了後も販売しているようなので、
来館の際はチェックをお忘れなく。

作品展示とワークショップのお知らせ

2015年7月14日 / 作品展示

●丹波竜化石工房・ちーたんの館
平成27年度夏期特別展展「アジアの覇者・タルボサウルスと獣脚類展」にて
作品2点(アロサウルス・ベロキラプトル)が展示されています。
●群馬県立自然史博物館の企画展
「恐竜時代の海の支配者」にて作品4点
(アーケロン、フタバサウルス、ウタツサウルス、プリオサウルス)と
当社所蔵のクリダステス全身骨格レプリカが展示されています。
●8月12−18日に開催の
ワークショップフェスティバル・ドアーズ9thにて
恐竜復元画ワークショップを行います。
私の出番は14日。
詳細・申し込み等はこちらを。

岐阜県博物館・ヤベオオツノジカ展示

2015年6月23日 / 作品展示

ヤベオオツノジカ1
ヤベオオツノジカ3
岐阜県博物館のヤベオオツノジカの展示に、私の作品の画像を使った
背景パネルが加わりました。
実際の風景に私の作品を合成していますが、その風景写真も
当時の環境と極力違いが少ない場所を選んで撮影しています。
今回使われたヤベオオツノジカは、自分でも気に入っている作品の1つですし、
また日本国内で数多く展示が見られる化石動物の1つでもあるので、
こうして展示に使われるのはとても嬉しいのです。

葛生化石館・イノストランケビア

2015年1月16日 / 作品展示

佐野市・葛生化石館にて私の製作した
イノストランケビアの模型が常設展示になりました。

イノストランケビア葛生2
画像のアクリルケースの中に収まっています。
元々、この作品は私の個人作品。
今回の葛生化石館所蔵、常設展示にあたり、
色は再塗装しました。
以前の色は個人作品という事もあり、結構派手に「攻めた」ものでしたが、
やはり常設展示となると、もう少し自然な色で、かつ展示現場の照明等にも
考慮する必要があると考え、学芸員さんと相談の上、配色を決定。

e0133764_1219152.jpg
再塗装前。

イノストランケビア葛生1
再塗装後(納品状態)。
イノストランケビアの立体全身骨格の常設展示は、現時点では
国内では葛生だけのはず。その場所に復元模型として
自分の作品が置かれるのは嬉しい事です。

企画展「ひだみの古生代の記憶―生命の進化と大量絶滅―」

2014年4月25日 / 作品展示

●4月26日より岐阜県博物館にて開催の
企画展「ひだみの古生代の記憶―生命の進化と大量絶滅―」にて、
コティロリンクス他、私の古生代関連作品が展示されます。

tirasi1.jpg
tirasi12.jpg
岐阜博物館には、アロサウルスやステゴサウルスに加え
国内での展示は珍しいイグアノドンやテスケロサウルスの
全身骨格レプリカも常設展示されています。

ウタツサウルス模型・常設展示開始

2013年5月17日 / 作品展示

●先日紹介した、私が製作のウタツサウルス模型が、
南三陸町・歌津コミュニティ図書館にて常設展示になっています
展示紹介
残念ながら、まだ私は現地に伺えていないのですが、
いずれ機会を見つけて行って見たいと思っています。

逆瀬川・アピアホールにて作品展示

2012年8月8日 / 作品展示

本日・8月8日より13日まで、宝塚市・阪急逆瀬川駅前の
アピアホールにて作品展示を行っております
(開場時間 10:00~18:00)。
前日の搬入・設営の様子。

s-CIMG0161.jpg
s-CIMG0163.jpg
会場には、兵庫県丹波市・篠山市での丹波竜等の化石発掘
報告パネルや、化石も数点展示されています。
また、11、12日には恐竜造形ワークショップも開催
すでに定員に達し、募集は終了していますが、見学は可能のようです。
本来は、もっと早めの告知の予定だったのですが、
今回は地元主体の企画ということで、
ネット上での公式の広報は行われていませんので、
私も前日搬入の折に実際に会場を確認の上での
紹介となってしまいました。
小規模の展示ではありますが、お近くの方はぜひご来場下さい。

エウヘロプス at ウプサラ大学

2012年2月18日 / 作品展示

スウェーデン・ウプサラ大学進化博物館の依頼で
製作したエウヘロプス復元模型の展示が始まり、
その様子の画像を送って頂きました。

DSCN9613s-.jpg
s-111.jpg
製作の詳細、また作品の画像等は後日改めて報告致します。
英語でのやり取りで仕事を進めましたが、
最初の打ち合わせから最後まで、言葉の壁を感じる事もなく、
非常に気持ち良く仕事をする事が出来ました。

作品展示・ワンフェス参加のお知らせ

2012年2月7日 / 作品展示

●本日(2月7日)より仙台市科学館で始まりました
「復興、南三陸町・歌津魚竜館
-世界最古の魚竜のふるさと」

にて、私の製作したウタツサウルスが展示されています。
今回用に製作したものではありませんが、
ウタツサウルスの研究者でもある藻谷先生にも
以前見て頂き、感想も頂いている作品です。
南三陸町からはウタツサウルスだけでなく、
日本で最初のマストドンサウルスも発見されている、
日本の古生物学上でも非常に重要な地域です。
今回の企画展が、南三陸町・歌津魚竜館の
復興の後押しになる事を願っています。
また、仙台市科学館には、国内では珍しい
大型のゴンフォテリウム全身骨格も展示されています
ので、そちらもお忘れなく。
●2月12日、幕張メッセで開催の
ワンダーフェスティバルに参加します。
ディーラー名は「エルステッド&Fragi-ragi」
卓番号は4-02-01です。
ワンフェス来場の際はちょっと遊びに来てやって下さい。
今回、キット販売はありませんが、作品展示と
完成品の一部販売、また台湾の作家さんの作品
展示・販売予定です。

企画展「蔵出し!自然資料館」

2012年1月19日 / 作品展示

ちょっと紹介が遅くなりましたが、1月4日から開催の
きしわだ自然資料館「蔵出し!自然資料館」にて
私の作品も展示されています。

RIMG9162s-.jpg
ティラノサウルス復元違いが3体。
後ろにあるのは、昨年末に完成した
自然資料館のモササウルス展示に使われている
小田隆さんによる復元画の原画。

RIMG9153s-.jpg
RIMG9165s-.jpg
展示物の中から、井上信一さんによるペーパークラフト。
三葉虫はちゃんと足付き。
他にも、自然資料館と関わりの深い皆さんの
自然に関する作品やコレクションが集まっています。
博物館との関わり方、楽しみ方の様々な例が見られる企画展に
なっています。
モササウルスのリニューアル展示と一緒に是非。

■アーカイブ

TOPへ戻る