■宝石と鉱物の街 イダー・オーバーシュタイン

2018年1月5日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外


ドイツ旅行5日目。
フランクフルト中央駅から電車で約2時間弱のイダー=オーバーシュタインへ。


th_IMG_20171102_110830
th_DSCN9836
th_IMG_20171102_162717

イダー=オーバーシュタインは宝石・鉱物加工で有名な街。
鉱物好きには聖地と言っても良い場所だそうで、今回の旅行参加者さんの
リクエストでスケジュールに入れました。
私も一箇所くらいは自分の専門外&行った事のない場所を日程に入れたかったですし、
その分野では有名な場所という事で興味もあったのです。

まずは駅の前から始まるオーバーシュタイン地区へ。
th_DSCN9842
鉱物や宝石を扱うお店が何件もあります。

本屋さん
th_DSCN9843



th_DSCN9849
正面の崖にある教会が観光名所だそう。


ですが、我々の目的はこちらの鉱物博物館。
th_DSCN9853
th_DSCN9902
th_DSCN9895
th_DSCN9894
th_DSCN9863
th_IMG_20171102_120501



加工品の展示も
th_DSCN9883


th_DSCN9869
th_DSCN9870
th_DSCN9858
th_DSCN9855



th_DSCN9899
加工作業所。水車で研磨用機械が動いています。

こちらは鉱物そのものの展示がメイン。
イダー地区には加工品がメインの博物館があるという事で、タクシーで移動
(同じ街とはいえ、歩ける距離ではないです)


イダー地区の中心部。
th_IMG_20171102_150155
宝石国際見本市も行われるそうで、立派なホテルもありました。


博物館見学の前に昼食。
th_DSCN9911
th_P1000380-500x375
th_IMG_20171102_140026


イダー地区の博物館。こちらは宝石・鉱物を加工した工芸品・美術品がメインです。
th_IMG_20171102_150828
th_IMG_20171102_154009
th_IMG_20171102_152806
th_IMG_20171102_152550
th_IMG_20171102_155320
th_IMG_20171102_155125
th_IMG_20171102_160114
th_IMG_20171102_155357
加工品がメインという事で、正直あまり期待していなかったのですが、
展示物の予想以上の細かさ・美しさに驚きました。
流石は世界に名高いだけはあります。

こちらは特別展。
昆虫をメインに同じような色・模様の生物・鉱物を並べる、という趣旨です。

th_IMG_20171102_161407
th_IMG_20171102_161150
th_IMG_20171102_160847
th_IMG_20171102_160840
th_IMG_20171102_161300
展示物そのものに加え、展示手法・照明の使い方が美しい展示。
時間が足りなくて、ちょっと駆け足での見学になってしまったのが残念でした。

ドイツらしい綺麗な街並みと宝石・鉱物の街の名の通りの充実した博物館で
専門外の私でも「来てよかった」と納得でした。
訪問にあたっては、あまり日本語での紹介が見当たらないなか、
いくつかのウェブサイト、特にサイト「鉱物たちの庭」の紹介ページの記事が大変参考になりました。
町の大きさ・雰囲気、交通手段、食事の出来る場所の有無等を事前に
知っておけるのはやはりとても心強かったです。
それに、この紹介ページがなければ、イダー地区・オーバーシュタイン地区に分かれている事も
知らずに訪問し、イダー地区には行かずに帰ってきてしまっていたかも知れません。

「鉱物たちの庭」管理人さんの著書です。


・・・・・・・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。

_________________________________




■アーカイブ

TOPへ戻る