■チュービンゲン大学古生物博物館

2017年11月22日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学, 海外


シュトゥットガルトから電車でチュービンゲンへ。
チュービンゲンも今回で3回目。1回目2回目の記事も合わせて読んで頂ければ。
th_IMG_20171030_094638
前回まではシュトゥットガルトからの直通便があったのですが、今回は途中一度乗り継ぎ。


th_DSC08694
th_IMG_20171030_102704
それでも1時間ちょっとでチュービンゲン駅に到着です。


th_DSC08698




th_DSC08739
th_DSC08707
駅から徒歩10分ほどで博物館のある区画に。
まず動物学展示室を見学。一般公開されていませんが、この日もガイドに来てくださったブラーさんが
見学の許可を取って下さっていました。


th_DSC08725
th_DSC08732
th_IMG_20171030_114232


th_IMG_20171030_112611
日本と言えばラクーン・ドッグ、つまりタヌキ。

th_DSC08718
そしてそのタヌキの剥製を製作されたユーゲン・ロージンガーさん。
この大学の剥製士です。他にもこの展示室の解説をして頂きました。
展示物の凄いもの・貴重なものを熟知しているからこその楽しい解説でした。
タヌキの剥製にも、なんだかご本人の人柄が出ているような気がします。

th_DSC08712




昼食は、博物館すぐ側のチュービンゲン大学の学食。
学食大好きな私としては、嬉しいサプライズ! 
これまでも「あそこでご飯食べたいな〜」と思っていたのです。
th_DSC08733
th_DSC08735
th_DSC08736




そして古生物博物館へ。
th_IMG_20171030_124447

th_IMG_20171030_124803
th_DSC08773
th_IMG_20171030_125552
th_IMG_20171030_140047
th_IMG_20171030_135854
th_DSC08781



th_IMG_20171030_131827
th_IMG_20171030_132030
ヒレの輪郭が残っている首長竜標本。


th_IMG_20171030_125921
魚竜いろいろ。


th_IMG_20171030_140819
海サソリの足跡。


th_IMG_20171030_131502
ヘノドゥス


th_DSC08801
シバテリウム頭骨。思っていたよりも大きくゴツくてビックリ。


th_IMG_20171030_134521
スタレクケリアを始めとする単弓類メインの部屋。


th_DSC08812
ホルツマーデン産のウミユリと、ホルツマーデンの粘板岩を使ったテーブル。
ここに皆さんで座って一休み。



th_IMG_20171030_152316



th_DSC08843

ドイツならでは化石コレクションに加え、歴史のある大学の建物の中、という雰囲気が
ドイツそしてヨーロッパの自然科学の歴史を体現しているようです。
展示解説文がドイツ語・英語の併記になっているのもありがたいです。
それほど大きくは無いものの、展示物・標本はギッシリ。
また展示に使われているキャビネット等も古いものが多く、
ドイツの古生物学の魅力と歴史がギュッと詰まった博物館です。
一方で、これだけの魅力があるにも関わらず、研究者以外では
日本ではあまり知られていない博物館でもあります
(これはドイツの地方博物館全般に言えますが)。
大学博物館という事もあり、見学者もそれほど多くなく
じんわり古生物学の魅力に浸れます。疲れたら、すぐそばの学食で
ちょっとお茶&休憩もできるのも良いです。
古生物目的でドイツを訪問される際は、ぜひ見学候補に入れて欲しい場所です。
ただし、大学博物館なので基本的に日曜日・祝日は休館。
前もって休館日や祝日をチェックしておいたほうが良いでしょう。



夕方はチュービンゲンの街を散策。
th_DSC08892
th_IMG_20171030_154819
th_DSC08883
th_DSC08886
th_DSC08899

チュービンゲンは城と大学を中心とした街で、
伝統的なドイツの街並みと現代風のお店のバランスが良いです。
今回はシュトウットガルトから日帰りでしたが、古生物博物館に加え、
ホーエン・チュービンゲン城内にある考古学博物館、街歩きも楽しいので
1泊する価値も十分あるかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・
これまで訪れた他の博物館・学会参加の様子は「世界の恐竜博物館見聞記」で紹介しています。

_______________________________________

コメントを残す

■アーカイブ

TOPへ戻る