■ドイツ旅行2017

2017年11月13日 / ドイツ旅行2017, 博物館・特別展見学


古生物&博物館好きの友人・知人と一緒にドイツ・シュトゥットガルトとフランクフルトを中心に、
いろいろ見学&案内して来ました。


レーヴェントール古生物博物館とローゼンシュタイン自然史博物館
(2館併せてシュトゥットガルト州立自然史博物館)。
th_DSC08500

th_DSC08602

th_DSC08641

大型魚竜展示は何度見ても圧巻。




チュービンゲン大学動物学展示室&古生物学博物館。
th_DSC08701




23032667_1697528403622313_8008287325573409735_n

th_DSC08712

th_DSC08725

23231362_1697529090288911_1600418322916183044_n

th_DSC08773

th_DSC08790

動物学展示室は普段は非公開。今回、許可を頂いて見学させて頂きました。
また大学の剥製士・ユーガン・ロージンガー氏に展示物解説もして頂けました。




ホルツマーデン・ハウフ博物館&化石発掘場。th_DSC08943

th_DSC09001

th_DSC09035

th_DSC09048

th_DSC09032

ホルツマーデンは魚竜を始め、 海生ワニ・ウミユリなどの海生動物の化石で世界的に有名な場所。

23130490_1697532503621903_5317411105810520286_n

シュトゥットガルト・チュービンゲン・ホルツマーデンと 案内して下さったマークス・ブラーさんと。
多くの研究者さんと交流して、趣味で動物模型・復元模型を制作している友人です。
古生物だけでなく現生動物も幅広くカバーしている知識量、ヨーロッパの多くの
博物館を精力的に訪問している行動力には、ずっと驚かされています。
今回のドイツ滞在の前半はマークスさんの至れり尽くせりの案内に 本当にお世話になりました。



フランクフルト・ゼンケンベルグ自然史博物館
th_DSC09364

th_DSC09353

th_DSC09340


th_DSC09335

23231121_1697533353621818_8346361787385448954_n

皮膚印象やシッポの繊維状痕跡の残るプシッタコサウルスの実物化石や
エドモントサウルスのミイラ化石実物が展示。 世界遺産に指定されているメッセル・ピットの
化石展示も充実しています。
博物館の古生物研究者・ジェラルド・マイヤー先生に館内の案内をして頂きました。

th_DSC09380 (LAPTOP-S0SFB4AR の競合コピー 2017-11-04)

23167554_1697533496955137_9022192346722926264_n

またマイヤー先生にはフランクフルト案内もして頂いた上に 夕食までご一緒して頂きました。



イダー=オーバーシュタイン
th_DSCN9849

th_DSCN9853

th_DSCN9902

th_IMG_20171102_150828


th_IMG_20171102_160114

th_IMG_20171102_155357

宝石・鉱物の加工で有名な街。 2つの地区に分かれていて、 博物館もそれぞれに地区に一つずつあります。



フランクフルト動物園
23132043_1697534590288361_8085875731573816911_n

23167924_1697534533621700_2428108250938366263_n

23172926_1697534666955020_5708771011703769006_n

キーウィを紹介する建物がありますが、キーウィそのものは バックヤードにいるという事で
見る事が出来ませんでした。


勿論、食べ物もいろいろと。
th_DSC09206


23130891_1697533600288460_5102325504615203889_n


th_P1000380


23032870_1697534813621672_1729306133860903873_n
23168048_1697532273621926_6231727416101284329_n

th_DSCN9919

th_DSCN9910



各施設の詳細はまた後日。

・・・・・・・・
日本人をお連れして海外の施設を案内するのは台湾に続き2回目。
古生物関連ではシュトゥットガルト周辺は日本の皆さんにも
もっと知って欲しい地域なので、今回こうして日本から古生物・博物館好きの
皆さんを案内出来たのは、私にとっても嬉しいことでした。
今回も現地の友人、研究者さんに解説・案内をして頂いたのですが、
至れり尽くせりの対応で本当にお世話になりました。
また、こういう旅が出来る機会があれば良いな、と思っています。

_______________________________________________

■アーカイブ

TOPへ戻る