■ペロー自然科学博物館&ダラス自然史博物館

2015年11月9日 / SVP2015・ダラス




2015年10月にアメリカ・ダラスにて開催された

SVP・古脊椎動物学会に参加の折に見学したペロー自然科学博物館の紹介です。

 

まずダラス自然史博物館から。

展示はペロー自然科学博物館に移動したため閉館になっていますが、

事務所や収蔵庫、化石クリーニング室等、一部機能ははまだ使われています。

今回は平山廉先生(早稲田大学)の標本調査にご一緒させて頂くという形で

こちらも見学出来ました。

 恐竜博物館.ダラス.2

博物館前のコロンビアマンモス。

強度の関係で脚は太めですが、頭部や鼻の形状等、造形も復元も丁寧に

作られているのが判ります。

 

恐竜博物館.ダス.1


館内に残っていた展示の一つ。白亜紀の大型ワニ、デイノスクス(フォボスクス)

少し前までデイノスクスと言えば、このダラスの頭骨展示でした。

現在は頭骨の復元が変わったので、この頭骨は旧復元という事になります。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.3


これも残されていた展示の1つ、エダフォサウルス。発見部位と補修・復元された

部分がはっきりと分けられている、見事な骨格。

これがここに残っているのは勿体無いような。

ディメトロドンやエダフォサウルスは肘や膝関節のつながりが資料や

レプリカでは 今ひとつ判らないのですが、この標本はその辺りの保存が

非常に良いように見えたので、画像しっかり撮れて嬉しい。

しかもディメよりエダフォのほうがレアですし。

 

博物館内は、かなり展示物は撤去されて寂しくなっていましたが、

管理はキッチリされていて掃除も行き渡り、展示物も綺麗に維持されていました。

 

・・・・

ここからはペロー自然科学博物館。

恐竜博物館.ダラス.ペロー.3


大統領候補選にも出馬したロス・ペロー氏一族の寄付・

約40億円を元に建てられたそうです。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.10

入口・チケット売り場のマラウィサウルス

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.7

恐竜博物館.ダラス.ペロー.9

北米白亜紀末期の大型竜脚類・アラモサウルス。

流石に横のティラノサウルスが小さく見えます。

 

th_恐竜博物館.ダラス.ペロー.17
アラモサウルス・頸椎(首の骨)。

こういうのを目の前に、研究者の方から解説して貰えるのも

学会ならでは。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.4
テノントサウルス&ヒプシロフォドン。

テノントサウルスが大型化したヒプシロフォドンの仲という事での

その比較の展示。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.5.


パキリノサウルス

個人的には、パキリノサウルスの全身骨格を見るのが結構久しぶり(10年以上ぶりかな?)で、

見れて嬉しかったものの一つ。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.2
ナヌークサウルス頭骨。 アラスカから発見されたティラノサウルス類で、

「北極クマトカゲ」が学名の由来。 白い部分は模型、黒い部分が実際に化石が見つかっている部分。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.8
トロオドン復元骨格。トロオドンの立体骨格展示は

かなり珍しいです。

これもアラスカから発見された恐竜で、 もっと低緯度から発見されるトロオドンよりも体が大きいのだとか。

 

 

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.12

 

 

 

 

 

 

 

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.1
個人的にここの裏目玉のモササウルス類の進化展示。

ダラサウルス、テシサウルス、プラテカルプスティロサウルスの復元骨格が並びます。

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.16jpg


ショップで見つけた品々。 一部(?)ではお馴染みの恐竜ライトセーバー。

 

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.15


こちらも私が企画の恐竜トークイベント等で お馴染み&微妙に好評なアレシリーズ。これは全種買いました。

 

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.13


先日の恐竜女子会で これを着けて来られた参加者さんが居られましたね。

 

 

 

恐竜博物館.ダラス.ペロー.14


カメのヌイグルミ。 リアルさと可愛さが良い具合に両立しているかと。
購入しなかったんですが、ちょっと惜しかった気も。

 

 

 

恐竜・古生物展示は北米の博物館としては中規模かな?、という感じですが、
モササウルス類の進化、極地(北極圏)の恐竜等、研究テーマに沿った展示が特徴的でした。
また徒歩で10分ほどの所にダラス世界水族館も。こちらも街中にあるとは思えない
しっかりとした水族館で、博物館と水族館を合わせれば相当なボリュームになります。
ダラス訪問の際には、是非セットで!


これまで訪れた海外の博物館については、
サイト「世界の恐竜博物館見聞記」に纏めています。

“■ペロー自然科学博物館&ダラス自然史博物館” への2件のフィードバック

  1. 猛勉の瑛 より:

    こ、これで中規模の展示…ですか(一か所しか見ていないやつ)?!アメリカというのは何でもかんでも規模がでかいものだと改めて実感します。
     アラモサウルスはここ数年で一気にスターダムにのし上がった感があり、非常に感慨深いものがあります(アラモ大好きでして…今まで図鑑でもまともに取り上げられていない不遇を何度嘆いたか)。今度の科博の恐竜展に来てほしいわ。
     ナヌクサウルスと大型トロオドンのサイズの違いについては以前から疑問でした。単純に餌の確保の問題か、それともほかに原因があったのか…?僕はこういう時に、古生物学の面白みを一番実感します。

    • afragi より:

      猛勉の瑛 さん

      返事が遅くなりました。
      フロア面積や展示物の数だと、「大きい」という部類では
      ないと思いますし、日本でもここ以上の大きさの施設は結構
      あるように思います。
      アラモサウルスは確かに日本にも来て欲しい恐竜の一つですね。
      トロオドンは、大きさもですが、そもそも全身復元骨格が珍しいので、
      そこでビックリしました。

コメントを残す

■アーカイブ

TOPへ戻る