ホルツマーデン・その2

2012年6月11日 / カメ進化シンポジウム・2012, 学会, 2012年 ベルギー&ドイツ


ハウフ博物館を満喫、もういろいろ満腹・満足と外にでると、
道を挟んで向かい側にもう一つ博物館の看板が。

s-R0022243.jpg
s-R0022237.jpg
入り口のプラテオサウルス。
シュトゥットガルトのレーヴェントール博物館の前に
設置されている物と同じ物のような。
改めて見ると、なかなか良い顔してます。

s-R0022158.jpg
流石に前回紹介のハウフ博物館ほどの規模、洗練された施設では無いですが、
展示物は良い物があります。

s-R0022231.jpg
s-R0022200.jpg
s-R0022166.jpg
s-aR0022150.jpg
大型魚竜の頭骨。後ろの実物大模型でその大きさを実感。
ちょっと気持ち悪い位の大きさ。
で、こちらの博物館の売り(?)は、
s-R0022212.jpg
裏が化石発掘場なのです。ハンマーも貸してくれます。

s-R0022215.jpg
でも、ハンマーをふるうまでも無く、数分も探せば
これくらいのものが見つかります。
勝負はアンモナイトを見つける、ではなく、如何に良い状態のものを
見つけるか。
欲張りだすと大変&荷物が重くなるので、
小さいものを幾つかだけ持って帰って来ました。
・・・・
夕方前にチュービンゲンに戻り、夕食まで時間があるので
ホーエンチュービンゲン城へ。城内が考古学博物館になっているのです。

s-R0022267.jpg
s-R0022296.jpg
博物館入り口
s-R0022281.jpg
s-R0022268.jpg
・・・・
夕食はシンポジウム参加の皆さんと合流。

s-R0022301_20120611171800.jpg
s-R0022312.jpg
s-R0022324.jpg
ドイツ編続く
・・・・
次回
s-R0022343.jpg
リトグラフかつリトグラフィカな場所へ!
>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

■アーカイブ

TOPへ戻る