SVPレポート その7

2006年10月24日 / SVP2006・オタワ


21日(SVP参加4日目)
ディーラーコーナーは
最終日の午前中で店じまいのため、
まずは買い逃しが無いか再チェック。
すると、ホルツ博士が登場。
corvoさんが、昨夜博士が競り逃した
ティラノの版画をプレゼントしたのに便乗して
私も自己紹介。
さらに、マーク・ハレット氏を見つけたので
サインをお願いすると、、、、、
MGP3541.jpg
こんな感じに!
初日のレセプション会場にもなった
カナダ自然史博物館へ。
レセプション時は改装後のプレオープンのようなもので、
正式なリニューアルオープンは10月20日から。
まだ、一部には改装作業中な所も。
古生物展示スペースは、それほどの広さは無く、
骨格標本を詰め込み過ぎな感はあるものの、
展示方法のセンスが良い。
この博物館の目玉とも言えるダスプレトサウルス。

MGP3505.1.jpg

かなり珍しい(はず)のスティラコサウルスの全身骨格。

MGP3521.jpg

s-IMGP3528.jpg
ヒパクロサウルス。手前の棒がどうしても邪魔な所に
入ってしまうのです。
地味にカッコイイ、チャンプソサウルス。

MGP3532.jpg

s-IMGP3305.jpg
エラスモサウルス
s-IMGP3336.jpg
s-IMGP3332.jpg
ブロントテリウム(だったと思うんですが)の
全身骨格と実物大復元模型
ダスプレトVSカスモの復元実物大模型
MGP3345.jpg
でも、vsというより相談中に見えなくもない。
ホテルへ戻り、ポスターセッションへ。
前日、昼食をご一緒した宮下さんの発表。

MGP3352.jpg
結構質問者が多くて、大変そうでした。
この画像で背中向けに写っているのが
同じく昼食をご一緒した小西さん。

MGP3346.jpg
こちらは鹿児島大の荻野さん。
荻野さんは前日のオークションの折、
近くにおられたので、その時に知り合いに。
パソコンでイラストを描かれるそうで、
この発表にある復元イラストもご自身の手に寄るもの。
御本人は「まだまだです」と謙遜されますが、かなり上手いです。
最近は、研究もすればイラストも描く、という若手の方が
海外・日本共に増えてきています。
造形しか出来ない私には羨ましい限り。
会場をウロウロしていると、研究者かつアーティスト、
あの『肉食恐竜事典』『恐竜骨格図集』
の著者・グレゴリー・S・ポール氏発見。
ポール氏は前日にカマラサウルスの首に関しての
ポスターセッションをされていたのですが、
専門的な質問もしない人間が声を掛けては
迷惑かと思い、見送り。
この日、会場でちょっと休憩中のお姿を
見かけたので、思い切って話しかけてみました。

MGP3349.jpg
作品のファイルを見せながら、
「特に私のこのティラノは、私の表現と
あたなのセオリーは随分違うんですが、、、、、。」
と、一応恐る恐る説明すると
「うんうん、いいよいいよ。」とあっさり。
さらに図々しくサインを頼んでみると、これまた快く
応えて下さったのでした。
続く
>「世界の恐竜博物館見聞記」ホームへ

■アーカイブ

TOPへ戻る