◾️恐竜ワークショップ at 岐阜県博物館

2019年5月22日 / 恐竜ワークショップ, イベント・教室・講演


2019年5月5日、岐阜県博物館にて恐竜ワークショプの講師を担当しました。
私にとっては令和最初の恐竜ワークショップ開催になりました。


午前はティラノサウルス頭部復元。


フェバリット社・ホネケシ・ティラノサウルス頭骨に
カラー粘土で肉付けを行います。




午後は丹波竜・タンバティタニス骨格シールワークショップ。



シールになったタンバティタニスの骨を
並べて全身骨格を組み立てます。



岐阜県博物館でのワークショップでは、毎回学芸員さんに加えて沢山の
ボランティアスタッフの皆さんがお手伝いして下さるのですが、今回は見学に来て下さった
大学生さん方にも色々と助けていただきました。


岐阜県博物館の岐阜産足跡化石とイグアノドン。




ここのイグアノドンは、周囲をぐるっと回って様々な角度から観察できるのが
とても気に入っています。そもそもイグアノドンの全身骨格自体が国内には
そう多くは無いはずなので。



こちらはヤベオオツノジカ。

バックの壁には私の作品を使った画像が使われています。




飲食OKスペースから。
ティラノサウルスの後頭部&イグアノドンを後ろから見られる場所も
なかなか無いと思います。


________________________________________________________

■アーカイブ

TOPへ戻る