「第3回・海外自然史系施設見学情報交換会」

2015年11月2日 / NHFM, イベント・教室・講演


10月31日、「NHFM 第3回・海外自然史系施設見学情報交換会」を開催。

今回は古生物学者・渡部真人先生(大阪市立大学)をゲストに

「ロシア・モンゴル 恐竜博物館見聞記」のタイトルで講演をして頂きました。

th_DSCF6570

開催日がハロウィンという事で、

ちょっと恐竜っぽく見える帽子を

自前で持って来て下さった渡部先生。

 



モスクワ・オルロフ古生物学博物館の建物・装飾の見事さに特に興味が集まったようです。

ナレッジサロンの落ち着いた雰囲気も良く、その後も引き続きサロンで 懇親会となりました。

渡部先生のトークの面白さは鉄板です(笑)。 明かされる木製恐竜頭骨の謎、狼・サソリより

恐ろしいモンゴルの獣達、 収蔵庫に掛かる虹、そして「恐龍娘」、等等、

まず他では聴く事は出来ないお話満載でした(各内容の詳細は秘密)。

モスクワには以前から行きたいとは思っているのですが、今回の渡部先生の お話を聞くと

一人旅で行けるような、行けないような微妙な感じ(笑) 

いっそ渡部先生ガイドでの見学ツアーを組んでしまいたいところです。

タグ:

■アーカイブ

TOPへ戻る